ワードプレスの最低限のおすすめプラグイン~WordPress初心者向け~



最低限入れておきたいおすすめプラグイン

ワードプレス(WordPress)には様々なプラグインが存在し、その使い勝手を自由に変えることができます。

プラグインは手軽に使えて便利ですが、入れ過ぎると動作が重くなったり管理が大変になったりします。

プラグインは第三者が開発したものであることも多いので、いつまで・どこまで互換性があるかも正直不透明です。

そのため、プラグインは必要最低限にしたいものです。

以上から、個人的には
ワードプレスのプラグインはセキュリティやバックアップなど「安全なサイト運営」に関わるプラグインを厳選して入れて、「より便利に」といった目的のプラグインは必要最低限にするように心がけています。

以下、おすすめのプラグインを。

ちなみに、いずれも無料で使えるプラグインです。



おすすめプラグイン一覧

Akismet Anti-Spam

スパムに対するプラグインです。

ワードプレスをインストールすると最初から入っているプラグインです。

使用するためには登録の必要がありますが、無料です。


WP Multibyte Patch

マルチバイトの文字に関するバグを修正するプラグインです。

ワードプレスをインストールすると最初から入っています。

文字化けの修正など、文字に関する様々な不具合を解消してくれるプラグインです。

ワードプレスは海外のサービスなので、日本語で使う場合はありがたいプラグインですね。

WordPressの文字化けやAND検索を助けるプラグイン~WP Multibyte Patch~
WordPressのプラグインの1つである「WP Multibyte Patch」についてです。 【目次】 「WP Multib...


Edit Author Slug

ワードプレスのユーザー名を他者にばれないようにすることで、セキュリティーを強化できるプラグインです。

ユーザー名を知られると、他者による不正ログインのリスクが高まるので、知られないほうが無難。

「Edit Author Slug」もはずせないプラグインの1つでしょう。

【WPプラグイン】Edit Author Slugを導入しセキュリティを強化する
WordPressにせよなんにせよ、インターネットで何かをしようと思ったらセキュリティの面は優先的に気を配りたいものです。 WordP...


SiteGuard WP Plugin

ワードプレスにログインする際、通常はユーザー名とパスワードが必要です。

「SiteGuard WP Plugin」を使うと、ログイン時に
・ユーザー名
・パスワード
・画像に表示された文字の入力
の3つが必要になり、他者の不正ログインをしにくくします。

この他にも、ログインを複数回失敗すると画面をロックするようにしたり、設定が豊富です。

【WPプラグイン】SiteGuard WP Pluginでブルートフォースアタック対策
WordPressにせよなんにせよ、インターネットで何かをしようと思ったらセキュリティの面は優先的に気を配りたいものです。 WordP...


BackWPUp

愛着のあるサイトが突然消えたらショックですよね。
ワードプレスでせっかくサイトを作るなら、バックアップもしておきたいです。

しかし、ワードプレスのバックアップをとるのって手動だとなかなかめんどくさい。

これを楽にしてくれるのが「BackWPUp」。

「BackWPUp」はワードププレスのバックアップを簡単にとることができるプラグインです。

設定の自由度もあって使いやすいです。

WordPressのバックアップをできるだけ簡単に~BackWPUp~
WordPress(ワードプレス)でブログやサイトをやってると、万が一のときが心配になるわけです。 万が一にときのためにはやっぱりとっ...


Contact Form 7

お問い合わせフォームを作るプラグイン。

サイトに問合せ先を設けることはグーグルアドセンスの観点からも大切なので。


Google XML Sitemaps

サイトマップに関するプラグイン。

こちらもグーグルアドセンスの観点からも大切。


Hierarchical HTML Sitemap

こちらもサイトマップに関わるプラグイン。

こっちはユーザー目線で。
使いやすいサイト作りのために。


Broken Link Checker

リンク切れをチェックしてくれる便利ツール。

きちんとした情報で記事を作ろうと思ったら、外部リンクや内部リンクを貼ることもあるでしょう。

リンクの管理を毎回手動で確認するのはたいへんなので、非常に助かります。


Enhanced Media Library

ワードプレス内の画像をカテゴリー分けして整理できるプラグイン。

WordPressでメディアをカテゴリー分けしたい~Enhanced Media Library~
WordPressでメディアをカテゴリー分けしたい WordPress(ワードプレス)を使っていると、画像を使うことがあるわけ...


Classic Editor

WordPress 5.0以降のブロックエディタが慣れずに使いにくいので、苦肉の策として。

公式プラグインなのでその点は安心。

WordPress 5.0(Gutenberg)のレビューと対策~使いにくいアップデート?~
WordPress 5.0(Gutenberg)のレビューと対策 WordPress(ワードプレス)の利用者界隈では何かと話題...



おわりに

以上のような感じです。
このくらいのプラグインの数なら、動作にもそこまで影響せず快適かなと。

個人的には、
「BackWPUp」と「Enhanced Media Library」がすごく重宝してます。



その他の記事

インターネットで正しい情報を得るテクニック
インターネットで正しい情報を得るテクニック 情報化社会と言われ、いろいろな情報が大量に流れています。 いろいろなことを知...
WordPressでメディアをカテゴリー分けしたい~Enhanced Media Library~
WordPressでメディアをカテゴリー分けしたい WordPress(ワードプレス)を使っていると、画像を使うことがあるわけ...
Google Analyticsで自分のスマホのアクセスを除外する
WordPressでウェブサイトを運営したりブログを書いたりしていると、アクセス解析としてGoogle Analyticsを導入することは多...
STINGER8 更新日を非表示にする
WordPressのテーマであるSTINGER8(スティンガー8)のカスタマイズをします。 STINGER8は記事のページに投稿日と更...
STINGER8 フォントサイズを変更する
WordPressのテーマであるSTINGER8(スティンガー8)のカスタマイズをします。 ※ちなみにこのサイトのテーマは現在STINGE...
WordPressでプラグインなしで目次を自動生成する方法
ワードプレスで目次を自動作成する方法 ワードプレスで記事内に目次を作りたい。と思ったとき、 個人的には 「functi...
カエレバのリンクが長いのでショートコードで短く記述(プラグインなし)
カエレバの商品リンクを短くする方法 ブログでアフィリエイトをする際に使っている人が多いと思われるカエレバ。 ただ、普通に...