WordPressの文字化けやAND検索を助けるプラグイン~WP Multibyte Patch~

WordPressのプラグインの1つである「WP Multibyte Patch」についてです。



「WP Multibyte Patch」とは?

「WP Multibyte Patch」はマルチバイトの文字に関するバグを修正する、ワードプレスのプラグインです。

アルファベットは1文字1バイトです。
つまり英語はシングルバイトの文字です。

そして平仮名や漢字は1文字2バイトです。
日本語はマルチバイトの文字なわけです。

ワードプレスはもともと海外のサービスです。

つまりシングルバイトが基本のサービス。

これをマルチバイトである日本で利用するためには様々な調整が必要です。

その役割を担ってくれるのが「WP Multibyte Patch」です。


「WP Multibyte Patch」のメリット

「WP Multibyte Patch」を使わなくても、日本語のワードプレスがまったく使えないわけではありません。

しかし「WP Multibyte Patch」を使うことでいろんな利点があります。

その中で主なものとしては、

・文字数を正確にカウントできる。

・サイト内検索で全角スペースを半角スペース同様に、文字の区切りと認識できる。

・メール送信時の文字化け防止

などなど。


「WP Multibyte Patch」の導入

「WP Multibyte Patch」はワードプレスインストール時に初期プラグインとしてすでに入っています。

そのため、

プラグインの画面から「WP Multibyte Patch」を「有効化」するだけで使えます。


まとめ

「WP Multibyte Patch」は初期から入っていますし、有効化するだけで使えます。

何か作業を便利にするツールというわけではないので普段はその存在を実感しにくいプラグインですね。

しかし、日本語でワードプレスを扱う場合には大切な存在です。

「WP Multibyte Patch」はワードプレスにおいて「縁の下の力持ち」的なプラグインですね。


その他の記事

WordPressに入っている初期プラグイン

WordPressのバックアップをできるだけ簡単に~BackWPUp~

【WPプラグイン】Edit Author Slugを導入しセキュリティを強化する


参考資料

『WP MULTIBYTE PATCH』(EASTCODER;)2018年9月24日検索