WordPress 5.0(Gutenberg)のレビューと対策~使いにくいアップデート?~



WordPress 5.0(Gutenberg)のレビューと対策

WordPress(ワードプレス)の利用者界隈では何かと話題になっているバージョン5.0、「Gutenberg(グーテンベルグ)」へのアップデート。

個人的な使用感としては、

当面はプラグインである「Classic Editor」を使用しながら様子を見るのがベストかなと。

以下、これらの理由を。



WordPress 5.0(Gutenberg)および「5.1–ja」とは?

まず原則として、
WordPressは基本は常に最新バージョンにアップデートしておくほうがいいですね。

WordPressに限ったことではないですが、セキュリティなどの観点から、こまめなアップデートは重要。

しかしながら、WordPress5.0はブロックのように文章を構成していくブロック方式のエディタを採用しています。

つまり、
「Gutenberg」これまでのWordPressと使用感が大きく異なる。

そして当然のことならが、これまでのWordPressに慣れ親しんだ人からしたら最初はかなり抵抗がある使用感なわけです。

そのため私もWordPress5.0へのアップデートを先送りにしていました。

しかしながら先ほどのセキュリティの観点や、
バージョン「5.1–ja」以降から翻訳がかなり安定してきたことをきっかけにアップグレードを決意しました。



「WordPress 5.1–ja」を使ってみて

「WordPress 5.0(Gutenberg)」はメニューバーなどは大きな変更はなく、記事を作る際のエディタ部分が最も変更された点です。

そしてこのエディタ部分に対する評価が賛否両論で、私自身もこのブロックエディタに対する感想は他のネット界隈の方々と同意で、

「慣れれば使いやすそうなエディタだな。」という感想。

そして個人的に一番困ったのが、
テキストモードでタグを挿入できるボタンがない。という点。

普段、ビジュアルモードではなくテキストモードを使って文章を書いているのですが、このテキストモードの使いづらさが決め手となりました。



まとめ

以上のように、できれば新しいワードプレスに慣れていこうと思ったのですが、テキストモードのボタンが決め手となって旧来の外観で操作できるプラグインである「Classic Editor」を入れました。

「Classic Editor」もずっとは使えないことが現時点でも判明していますが、とりあえずは様子を見ながら考えたいと思う今日この頃です。



その他の記事

インターネットで正しい情報を得るテクニック
インターネットで正しい情報を得るテクニック 情報化社会と言われ、いろいろな情報が大量に流れています。 いろいろなことを知...
WordPressでメディアをカテゴリー分けしたい~Enhanced Media Library~
WordPressでメディアをカテゴリー分けしたい WordPress(ワードプレス)を使っていると、画像を使うことがあるわけ...
Google Analyticsで自分のスマホのアクセスを除外する
WordPressでウェブサイトを運営したりブログを書いたりしていると、アクセス解析としてGoogle Analyticsを導入することは多...
STINGER8 更新日を非表示にする
WordPressのテーマであるSTINGER8(スティンガー8)のカスタマイズをします。 STINGER8は記事のページに投稿日と更...
STINGER8 フォントサイズを変更する
WordPressのテーマであるSTINGER8(スティンガー8)のカスタマイズをします。 ※ちなみにこのサイトのテーマは現在STINGE...
WordPressでプラグインなしで目次を自動生成する方法
ワードプレスで目次を自動作成する方法 ワードプレスで記事内に目次を作りたい。と思ったとき、 個人的には 「functi...
カエレバのリンクが長いのでショートコードで短く記述(プラグインなし)
カエレバの商品リンクを短くする方法 ブログでアフィリエイトをする際に使っている人が多いと思われるカエレバ。 ただ、普通に...