WordPressでカテゴリーやタグを一括変換し自在に操る方法



カテゴリーやタグを一括変換したい

ワードプレスにおいて記事の整理に役立つ「カテゴリー」と「タグ」。

しかしながら、
カテゴリーもタグも結局は付け方は「主観」なので、あとから変わることは多々あります。

「ポケモン」に関する記事を
「ゲーム」とカテゴリーするか
「アニメ」とカテゴリーするかは
その人の価値観やそのブログの性質によるわけです。

こういった経緯から、
より良いサイト(ブログ)を作ろうと思ったら
あとから大量の記事のカテゴリーやタグを一括で変更したい場合が出てきます。

そういった場合、
ワードプレスのプラグインである
「カテゴリー・タグ変換ツール」と
「Batch Cat」
を組み合わせることで、
記事の整理の大概は一括で可能になります。



カテゴリーやタグを一括変換するときの考え方

ワードプレスは標準ではタグやカテゴリーの一括変換はできません。

しかし変換したい記事が大量にある場合、
手作業で1つ1つ行うのは時間の無駄ですよね。

作業を効率化するために、プラグインの導入を考えるに至ります。

しかしながら、
プラグインは基本的にいつサポート終了するかわからないし、
サイトの動作が重くなる可能性もああります。

またプラグインを入れる際はセキュリティの観点も視野に入れる必要があります。

こういった背景から、
安定した必要最低限のプラグインを使いたいものです。

カテゴリーやタグの作業に関しては、

ワードプレスのインポート機能に含まれる
「カテゴリー・タグ変換ツール」と、

カテゴリーの変換に関して評価が高くかつシンプルな
「Batch Cat」

組み合わせて使うのがおすすめです。

WordPressは標準機能でもそれなりに記事の管理がしやすいですが、使っていくうちにここはこうのほうが・・・と欲も出てきます。 Wo...



実際の使い方

カテゴリーを入れ替える(AからBにする)

例えば「映画『名探偵ピカチュウ』を見てみた」という記事があったとします。

この記事が「映画レビュー」というカテゴリーに入っていて、
のちに「ポケモン」というカテゴリーに移したい場合。

そういう変更が大量にあって一括で行いたい場合。

カテゴリーを一括で「AからBにする」場合は「Batch Cat」を使います。

「Set categories to posts」をクリックしカテゴリーを移動させます。


カテゴリーを追加する(AにBも加える)

例えば「映画『名探偵ピカチュウ』を見てみた」という記事が「映画レビュー」というカテゴリーに入っていて、

この記事に「ポケモン」というカテゴリーも加えたい場合です。

そういう変更が大量にあって一括で行いたい場合。

カテゴリーを一括で加える場合は「Batch Cat」を使います。

「Add categories to post」をクリックしカテゴリーを加えます。


カテゴリーを外す

例えば「映画『名探偵ピカチュウ』を見てみた」という記事が
「映画レビュー」と「ポケモン」2つのカテゴリーに属していたとします。

このうち「ポケモン」のみ外したい。

そういう変更が大量にあって一括で行いたい場合。

カテゴリーを一括で取り除く場合は「Batch Cat」を使います。

「ADrop categories from posts」をクリックしカテゴリーを取り除きます。


タグをカテゴリーに、カテゴリーをタグに変換したい

タグをカテゴリーに、カテゴリーをタグに変換する場合は

「カテゴリー・タグ変換ツール」を使用することで記事ごと一括変換できます。


タグをカテゴリーにして、今までのカテゴリーを外す

例えば「映画『名探偵ピカチュウ』を見てみた」という記事が
「映画レビュー」にカテゴリーされていて、
「ピカチュウ」というタグも付いていたとしてます。

このとき、
「ピカチュウ」をカテゴリーにして
「映画レビュー」は外したい場合。

そういう変更が大量にあって一括で行いたい場合。

こういう場合は
「カテゴリー・タグ変換ツール」にてタグをカテゴリーに変換。
「Batch Cat」にて変換したカテゴリーで検索。
そして外したいカテゴリーを「ADrop categories from posts」をクリックして外します。



おわりに

以上のように
「カテゴリー・タグ変換ツール」と「Batch Cat」を使えば記事のジャンル分けは大概一括で可能です。

ちなみに、
カテゴリーの所属やタグの変換はよく起こりうるものなので、
スラッグはつぶしのきくものにしておいたほうがいいと思います。

これはどういうことかというと、
例えば「ピカチュウ」のタグのスラッグを「pikachutag」などにしていると、
(別に支障はないのですが)あとからカテゴリーに変換したときに不自然です。

またカテゴリーにおいても
「pokemon-pikachu」といった階層構造を意識しすぎたスラッグにすると、
あとから「ピカチュウ」という独立したカテゴリーにしようと思ったときに不自然です。

パーマリンクを途中で変えるとそれまでそのURLでアクセスしてくれていた人がページを見れなくなるので、パーマリンクは一度決めたら変えないほうが無難です。

このように、
カテゴリーやタグのスラッグは
後々のことを想定して
つぶしがきいて
かつ被らないものにしておくほうが望ましいです。



その他の記事

ワードプレスでブログカードをカスタマイズしたい WordPress(ワードプレス)でブログカードをカスタマイズしたい場合、 ...
ワードプレスで目次を自動作成する方法 ワードプレスで記事内に目次を作りたい。と思ったとき、 個人的には 「functi...
最低限入れておきたいおすすめプラグイン ワードプレス(WordPress)には様々なプラグインが存在し、その使い勝手を自由に変...
プログラミングを勉強していて、ブログにソースコードを紹介したいときがあります。 しかしながら、ブログなどにソースコードをそのままコピペ...
WordPressでメディアをカテゴリー分けしたい WordPress(ワードプレス)を使っていると、画像を使うことがあるわけ...