カエレバのリンクが長いのでショートコードで短く記述(プラグインなし)



カエレバの商品リンクを短くする方法

ブログでアフィリエイトをする際に使っている人が多いと思われるカエレバ

ただ、普通に使うと商品リンクがとても長く、複数の商品を挿入すると記事作成の際にスクロールがものすごくたいへんになりますよね。

個人的には、
カエレバの商品リンクを短く記述するには、記事内に自身の別の記事を挿入できるショートコードを作って、商品ページを挿入するという方法がベストかなという結論に。

以下、これらの理由を。

やり方だけ知りたい人は目次でいうところの「2」はとばして「3」から読んでもOKです。



カエレバの商品リンクが長い件

「もしもアフィリエイト」+「カエレバ」に行きつく理由

ブログでアフィリエイトをしようと思ったとき、商品の取り扱いが多く国内のシェアも大きい「amazon」や「楽天」を考えます。

でも、それぞれのサイトにアフィリエイト登録するのは面倒ですし、入金される場所が複数あるのも管理がたいへん。

複数の主要なネットショップを押さえつつ、収益の管理を1つにまとめたいと思った場合「もしもアフィリエイト」に行きつくことが多いと思います。

そして自分が商品を紹介して、その商品をブログを見た人が「amazon」でも「楽天」でも好きなところで買えるようにしたい。

そうできたらいいなと思います。

上記のように考えると、
「もしもアフィリエイト」に登録して、「カエレバ」で商品リンクを作るという方法に至ります。


やっぱり「カエレバ」を使う理由

複数のネットショップに対応した商品リンクを作るツールは「カエレバ」以外にもいろいろあります。

しかしながら、登録が面倒だったり、プラグインだったりします。

個人的にはプラグインは動作が重くなったり互換性の検証が面倒だったりするのでできるだけ入れたくない。

このように考えると、
アフィリエイトで複数のネットショップに対応した商品リンクを作るのは「カエレバ」が最も手軽であるという結論に至ります。

しかしながら、「カエレバ」を使ったことがある人はわかると思いますが、「カエレバ」の商品リンクは長い。

そのため、
記事をスムーズに書く上で「カエレバ」の商品リンクを短く記述したいと思うわけです。


「カエレバ」の商品リンクを短くするあれこれ

長いコードやよく使う定型句を登録して、必要な際に呼び出す。

「ショートコード」と言われるこの技法はワードプレスではよく使われます。

ショートコードを作るプラグインで最も有名なものの1つはやはり「Shortcodes Ultimate」。

文句なしの高性能ですが、「Shortcodes Ultimate」は多機能すぎるなあという印象。

もっとシンプルなものをとなると、「Shortcoder」。これはシンプルでいい。

しかし、ロリポップなどサーバーの種類によっては「Shortcoder」でカエレバのリンクを作ろうとするとサーバーのセキュリティ設定をいちいちいじらないといけないので面倒なんですよね。

さらに先述の「プラグインはできるだけ入れたくない主義」も重なって、

やっぱりプラグインなしでカエレバの商品リンクを短く記述したいな。と思うわけです。



プラグインなしでカエレバの商品リンクを短く記述

考え方

プラグインなしでカエレバの商品リンクを短く記述するには、

「functions.php」にて自分の記事を別の記事に挿入できるショートコードを作成します。

そしてあらかじめ商品リンクを貼った固定ページを作り、任意のページにその固定ページを挿入します。


コード

以下のコードを「functions.php」に記述します。

ちなみに「functions.php」はサイトの動作に非常に関わるファイルなので、
できれば「子テーマ」での編集をおすすめします。

//以下、記事内に別の記事をショートコードで挿入する記述です。
//もし「functions.php」に他に何も書いていないなら、冒頭に「<?php」を付け足す。
function shortcode_insert($atts){
extract(shortcode_atts(array('id'=>0),$atts));
if(get_post($id)!=null)return wpautop(do_shortcode(get_post($id)->post_content));
}
add_shortcode('insert','shortcode_insert');
//以上、記事内に別の記事をショートコードで挿入する記述でした。

ちなみに上記のコードは「まっしろブログ」さんを参考に少し改変しました。


ショートコードを使う

上記をうまく記述できたら、今度は商品ページを作ります。

固定ページ(別に普通の投稿記事でもいいのですが)に使いたい商品リンクを貼りつけて保存。

この固定ページは単独で見ることはないでしょうから、「非公開」に設定しておきます。

そして、他の記事を書いていて、商品リンクを入れくなったらその投稿ページに

[insert id=○○○○]

と記述します。

「○○○○」は先ほどの固定ページのIDです。
固定記事を作成した際のパーマリンクで確認できる4ケタの数字です。



まとめ

以上のような方法を使うと、
カエレバの商品リンクをプラグインを使わずに投稿記事で短く書くことが可能です。

さらにこのような手法で商品リンクを入れておけば、
同じ商品リンクを複数の記事に入れていて、その商品リンクがリンク切れした際、固定ページを修正するだけで全ての記事に反映されます。

そういった意味でも効率的かと思います。

また、この手法はカエレバだけに限った方法ではなく、
例えば定型句などをあらかじめ固定ページに作っておけば簡単に投稿記事本文に呼び出すことができて便利です。

「functions.php」を編集するなどやや慎重さを要する作業にはなりますが、記述するコードも短いですしおすすめの方法です。



その他の記事

インターネットで正しい情報を得るテクニック
【目次】 ・インターネットで正しい情報を得るテクニック ・「自分で調べる力」と「調べた情報を見極める力」 ・まとめ ・その他...
WordPressでメディアをカテゴリー分けしたい~Enhanced Media Library~
WordPressでメディアをカテゴリー分けしたい WordPress(ワードプレス)を使っていると、画像を使うことがあるわけ...
Google Analyticsで自分のスマホのアクセスを除外する
WordPressでウェブサイトを運営したりブログを書いたりしていると、アクセス解析としてGoogle Analyticsを導入することは多...
STINGER8 更新日を非表示にする
WordPressのテーマであるSTINGER8(スティンガー8)のカスタマイズをします。 STINGER8は記事のページに投稿日と更...
STINGER8 フォントサイズを変更する
WordPressのテーマであるSTINGER8(スティンガー8)のカスタマイズをします。 ※ちなみにこのサイトのテーマは現在STINGE...
WordPressでプラグインなしで目次を自動生成する方法
ワードプレスで目次を自動作成する方法 ワードプレスで記事内に目次を作りたい。と思ったとき、 個人的には 「functi...
カエレバのリンクが長いのでショートコードで短く記述(プラグインなし)
カエレバの商品リンクを短くする方法 ブログでアフィリエイトをする際に使っている人が多いと思われるカエレバ。 ただ、普通に...



参考資料

『WordPress ショートコードで自サイトの他の記事をそのまま挿入』(まっしろブログ)2019年2月24日検索