副業をして、それが会社にばれる理由

不景気ですし、雇用も安定しないし、ブラック企業は多いし。
会社以外の場所での収入が欲しくなる人は多いでしょう。

会社以外の場所での収入、つまり副業を考える人は少なくないでしょう。
でも、副業を会社に知られたくない人も多いでしょう。

会社にばれないで、会社以外の場所で収入を欲しいというのが正直なところではないでしょうか?

けれどその一方で、副業がばれてしまうケースがあります。
なぜ副業がばれるのでしょう。

今回は、正社員としての会社勤めで副業をした場合にばれるケースを挙げていきます。


不自然な住民税


よくある副業がばれてしまうパターンは住民税です。

住民税は所得に応じて額が決まります。
住民税は多くの場合、会社の給与から天引きです。

副業をすると、会社の給与は変わりませんがあなたの所得は増えます。
所得が増えると住民税も増えます。

給与が変わっていないのに、住民税が変わる。
あるいは昇給額以上に、住民税の額が変わる。
つまり副業により住民税の額が不自然になるのです。

これを会社の経理の人が見つけてしまい、副業がばれてしまうのです。


確定申告


会社員の場合は所得から税金が天引きされます。
副業や自営業の場合は自分で所得やそこからの税金を清算していく。
これが確定申告。

確定申告をしないといけないのに忘れてしまうのは副業がばれる原因になります。

また、年間20万円以上で確定申告の必要が出てくるという情報から、
20万円以下なら確定申告不要という判断をしてしまいがちですが、そうとも言い切れません。

収入源がアルバイトのような給与所得の場合は20万円以下でも確定申告が必要です。


現場を目撃される


例えば接客業といった人と会うような副業の場合、ばったり会社の人と出くわすというパターンがあります。

副業ではこの「現場を目撃される」というケースも気を付けないといけません。


孤独さから


自分から副業のことを言ってしまうというのも注意。
これは「そんなのしないだろう」と思いがちですが、案外わからないものです。

人間は承認欲求があります。
なまじ副業がうまくいくと周りにしゃべりたくなるものです。

信頼できる人だから。飲み会の席だから。とうっかり話してしまうことって他人事ではありません。

また、副業を直接言わなくても、副業に結び付くようなこと言動にも注意しましょう。
例えば副業で得た知識や経験を職場の人に話してしまう。
副業の収入をあからさまに使う。
副業で得た人脈と会社の人脈を結びつけてしまう。

「ばれない副業」とはある意味孤独なものです。
その孤独さを継続する覚悟があるかないかはとても重要になってきます。


まとめ


副業が会社にばれる主なパターンは、
・住民税のミス
・確定申告のミス
・現場を押さえられる
・口を滑らせてしまう

の4つが考えられます。

最後に、定型句的な話にはなりますが、
本サイトは副業を否定も肯定もしません。故に本サイトを参考にしたいかなる言動も自己責任でお願いします。
副業がばれないことを約束するサイトではありませんし、ばれたことでの損害に対して保障するサイトではありません。
ご了承のほどよろしくお願いします。



その他の記事

定時で帰ることのメリット

「時間がない」を逆手に取る時間術

制服に着替える時間は労働時間か?~ブラック企業の見分け方~