定時で帰ることのメリット

残業、特にサービス残業が多い昨今ですが、できれば定時で帰りたいものです。

定時で帰れるか否かは職場環境が大きい要因ですが、
少なからず自分自身のモチベーションも関係します。

「定時で帰るぞ」と前向きに考えることで、定時に帰る習慣が身に着きます。

定時で帰るための背中を押せるよう、定時退社のメリットを考えます。


プライベートな時間の確保


定時退社のメリットは何と言ってもプライベートな時間が確保できることでしょう。

一般的な仕事なら、終業は6時前後でしょう。
家に帰って料理をするもよし、ふらっと買い物に行ってもよし。
友人と食事に行ってもいいし、習い事をしてもいい。

仕事とは違った時間の使い方ができます。


仕事以外の経験を積む


この、仕事以外の時間、仕事以外の経験とは案外重要です。
仕事以外の活動は、当然ですが仕事以外の経験をあなたに与えてくれます。

仕事関係以外の友人と食事をすれば、仕事以外の人脈ができます。
習い事をすれば、仕事以外のスキルがつきます。
読書をするだけでも、仕事以外の知識がつきます。

定時で帰ることで時間に余裕ができ、
仕事以外の経験を積むと、それが仕事に活かされることだってあります。

いろんな経験を積んだ人間は魅力的です。
視野が広いからです。

毎日残業ばかりでは、視野が狭くなってしまいます。


健康


過労死という言葉もある通り、過度の残業は健康を害します。

人にはやはり休息というものが必要です。
人は忙しすぎると、休息を忘れてしまいます。

健康を失ってから、「自分は休んでなかったんだなあ」と思っても悲しいですよね。

自分の体調は、自分が気がけないといけないのです。


時間が有限であることに気づく


人はいつか死にます。
人生には限りがあります。時間に限りがあるからです。
時間が有限であることに気づくことは大切です。
人は時間の有限性を忘れがちだからです。

だらだら残業する場合は周りに合わせればいいかもしれません。
けれど定時で帰るには、時間を逆算したり要領よくこなそうとする姿勢が必要になります。

定時で帰ろうとする姿勢が、時間の貴重さを再認識させてくれます。


時間あたりの仕事の効率が上がる


定時で帰るなら、ダラダラ仕事をするわけにはいけません。
メリハリが出てきます。

定時退社の習慣は、時間あたりの仕事の効率が上がります。
それは会社にとってもあなたにとっても好ましいことです。


最後に


日本の労働法的には、1日は8時間労働です。

この8時間でいかに効率良く仕事をするか。
仕事は効率化ゲームでもあります。
そう考えると、楽しくなる側面があります。

定時退社をひとつのゲームと捉えると、気楽に取り組めるかもしれません。



その他の記事

定時で帰らないことのデメリット。サービス残業のデメリット

定時で帰ること、人に嫌われること

時間休がとれないのはブラック企業?