「SSSS.GRIDMAN」OPの伏線の解説や考察




「SSSS.GRIDMAN」オープニングの伏線の要点

「SSSS.GRIDMAN」オープニング。

主題歌である「UNION」の歌詞と共に流れる様々なシーンが本編の伏線になっています。

このオープニングで最も注目されているのは、

  • フードを被った謎の人物
  • パソコンの中で微笑むアカネ


の2点ではないでしょうか。

以下、「SSSS.GRIDMAN」のオープニングの伏線を考えます。


「SSSS.GRIDMAN」オープニングの伏線と考察

冒頭

開始から17秒あたりまで。

グリッドマンと裕太が登場し、その後に「SSSS.GRIDMAN」のロゴ。

ちなみにタイトルの「SSSS」は、原作「電光超人グリッドマン」のアメリカ放送バージョンである「スーパーヒューマン・サムライ・サイバー・スクワッド(Superhuman Samurai Syber Squad)」の頭文字である説が有力。

裕太の持つビー玉

18秒あたり。

裕太の持つ青いビー玉のカット。

おそらく裕太・内海・六花・キャリバーとラムネを飲んだときの物。

キャラデザインとして、
裕太をはじめとした味方側の瞳は青色、
アカネをはじめとした敵側は瞳が赤。

このような色分けから、
青色のビー玉はなんだか象徴的ですね。

第5話にもビー玉のシーンがあります。

裕太と内海と、街の怪獣

19秒~23秒あたり。

裕太達だけに見える、街に常時たたずむ怪獣の陰。

この怪獣は原作である「電光超人グリッドマン」に登場する「ベノラ」であるという意見が多数。

ちなみにベノラは毒ガスによって相手に幻影を見せることができる怪獣です。

裕太達にも何か幻影を見せているのでしょうか・・・

バスの中の六花

24秒~26秒。

バスの座席に座り、音楽を聴く六花。

このイヤホンは何かと伏線がささやかれているアイテムの1つですね。

六花って本編ではそんなにしょっちゅうイヤホンで音楽を聴いているって感じではないですし。

オープニングの後のカットで登場する謎の人物もイヤホンをしている気がしないでもない。

教室と廊下とアカネ

27秒~28秒あたり。

にぎやかな教室と、それに対比するような薄暗い廊下。
そこに立つアカネ。

才色兼備なクラスのアイドル的な存在のアカネ。
けれど孤独感を感じるアカネの内面を表わしているのでしょうか・・・

ピンクのカバーをつけたスマホ

28秒ないし29秒あたり。

こちらも伏線かと思えるアイテムの1つ。

意味深に、ピンクのカバーをつけたスマホのカット。

学校とアシストウェポン

30秒~40秒。

学校の風景の中に現れるアシストウェポン。

新世紀中学生

40秒~43秒あたり。

新世紀中学生のカット。

初見だと敵っぽいですよね。

アンチ

43秒ないし44秒あたり。

アンチの後ろ姿、その後に横顔。

ストール(マフラー?)をなびかせる感じが仮面ライダーやヒーローもののそれを連想させるのは気のせいでしょうか・・・

折れたビニール傘

45秒ないし46秒あたり。

折れたビニール傘。

これもなんだか意味深。

アカネは普段ビニール傘を使っています。

そう思うと、アカネの物なのでしょうか・・・

クラス写真

46秒あたり。

クラス写真。

アカネがいないですね。

裕太の内海の近くにいる、けれど距離がある気弱そうな生徒の存在も若干気になる。

問川達の写真

47秒あたり。

問川達の写真。

ガラスにひびが入るような描写。

問川達が怪獣の犠牲者になることを象徴していますね。

メガネとヘッドフォンのアカネ

48秒あたり。

メガネとヘッドフォンのアカネ。

問川達の写真が割れてすぐにアカネのカットが入ります。

パトランプ

49秒あたり。

危機感を示すようにパトランプのカット。

怪獣たち

これも49秒あたり。

横並びの怪獣たち。

パーカーを着た謎の人物

50秒あたり。

オープニングで最も伏線となりそうな謎の人物。

赤い瞳だから敵の可能性あり。

パーカーのフードをかぶっている。
ビニール傘をさしている。

こういった経緯から本当のアカネ説もちらほら。

あと、イヤホンをしているので先ほどの六花との関連性も気になります。

グリッドマンの登場

50秒~57秒あたり。

グリッドマンの登場。

グリッドマンの登場

57秒~1分9秒あたり。

グリッドマンとアシストウェポン達。
変身後のアンチの登場。

グリッドマンの戦い

1分9秒~1分14秒あたり。

ラスボス感のある戦闘。
グリッドマンが敵に向かっていく。

窓際のアカネ

1分15秒~1分20秒あたり。

窓際に退屈そうに座り外を眺めるアカネ。
そこに登場するグリッドマン。

「君を退屈から救いにきたんだ」
という言葉はアカネを救う言葉でもありそうですね。

視聴者にも大人気のカット。

裕太達のカット

1分21秒あたり~

裕太達のカット。
落ちるカッターナイフ。
手をつなぐ2人
謎の怪獣のようなカット。
そして微笑むアカネとジャンクのパソコン。

このシーンに限ったことではないですが、
六花は基本瞳の色は青ですが、少し赤が混じっています。

カッターナイフはアカネが怪獣の作成に使ってるものですね。

単にカッターナイフのカットではなく、
あえてカッターナイフが「落ちる」という表現であるところが気になります。

手をつないでいるのは誰なのでしょう。

片方の手はシュシュがついているので六花っぽいですね。

そしてもう片方は、
恋愛的な考えで裕太か、
友情的な考えでアカネあたりでしょうか。

そしてアカネが微笑むシーン。

アカネがジャンクの中に映っていますね。

やはりグリッドマンの世界が仮想世界であることを示唆しているのでしょうか・・・

もしかしてアカネも現実の存在ではないのでしょうか・・・


「SSSS.GRIDMAN」オープニングの仮説と考察

こうやってコマごとに見ると、示唆にとんでいてやっぱりプロが作るアニメってすごいですよね。

で、やはり意味深なのは特に最後の方ですよね。

「君を退屈から救いに来たんだ」というセリフと共にアカネのところにグリッドマンが現れる。

そして登場する裕太・内海・六花。

今まで使っていたカッターナイフが落ちる描写。

まるで裕太達によって退屈から救われたアカネが、微笑みながらパソコンの中で消えていっている印象を受けますね。

やはりアカネは仮想世界の存在なのでしょうか。

結末が気になりますね。


その他の記事

「SSSS.GRIDMAN」の考察・仮説・伏線一覧

「SSSS.GRIDMAN」と「電光超人グリッドマン」の違い

「SSSS.GRIDMAN」を初めて見るときの順番や予備知識

「SSSS.GRIDMAN」第4話の感想と見どころの復習

「SSSS.GRIDMAN」5話の見どころや考察~なぜ山は崩れた?~