「SSSS.GRIDMAN」各話の伏線や考察一覧~もっとおもしろく観れるグリッドマン~




「SSSS.GRIDMAN」とは?

「SSSS.GRIDMAN」とは1993年から放送された特撮作品「電光超人グリッドマン」を原作とした2018年放送のアニメ作品です。

ちなみにタイトルの「SSSS」は、原作「電光超人グリッドマン」のアメリカ放送バージョンである「スーパーヒューマン・サムライ・サイバー・スクワッド(Superhuman Samurai Syber Squad)」の頭文字、あるいは

最終回に登場する「Special Signature to Save a Soul(魂を救うための特別なサイン)」というフレーズの「SSSS」である説のいずれかが有力です。

「SSSS.GRIDMAN」の「SSSS」は特に発音せず、普通に「グリッドマン」と読みます。

「SSSS.GRIDMAN」は「電光超人グリッドマン」のリメイクではなく、原作をベースにしたまったく新しい作品です。

作画やストーリーは現代風にアレンジしつつ、旧来のロボットアニメや特撮作品のオマージュやパロディをふんだんに使用しています。

「SSSS.GRIDMAN」は初めての人でも親しみやすく、一方でアニメや特撮に詳しい人も楽しめる作品です。


各話の伏線や考察一覧

第1話「覚・醒」

六花の家の隣に豪邸(アカネの家)はない。
みんなが気づかない怪獣が街にいる。

など1話目から伏線盛りだくさん。

第2話「修・復」

オープニングや本編で度々登場するラムネのビー玉。

問川や問川のお父さん、なぜ瞳の色が黄色なのでしょう。

関連記事:「SSSS.GRIDMAN」六花達の瞳の色の解説と考察と仮説

詳細記事:SSSS.GRIDMAN 第2話「修・復」の解説と考察~六花の家の隣にアカネの家?~

第3話「敗・北」

アンチ初登場。
新世紀中学生初登場。

詳細記事:SSSS.GRIDMAN 第3話「敗・北」の解説と考察~アンチとマックスグリッドマン初登場~

第4話「疑・心」

アカネがグリッドマンのことを六花から聞きだそうとする。
このあたりから物語が徐々に進展していきます。

サブタイトルの「疑心」は、アカネがグリッドマン同盟に向ける疑心だけでなく、六花の自分に対する疑心も含みます。

詳細記事:「SSSS.GRIDMAN」第4話の解説と考察~アカネの疑心と六花の疑心~

第5話「挑・発」

半ば雑ですが、裕太がグリッドマンと関わっていることをアカネが確信する回。
一部のファンには嬉しい水着回でもあります。

電車の中でみんなが眠る件、事が一件落着したあとに山が崩れる件。
このあたりが伏線。

詳細記事:「SSSS.GRIDMAN」第5話の解説と考察~なぜ山は崩れた?アカネの水着と余計な仕事~

第6話「接・触」

「SSSS.GRIDMAN」の大きな謎の1つである、オープニングに登場する謎の少女の登場回。

このあたりから原作とのつながりがより明確になってきます。

詳細記事:「SSSS.GRIDMAN」第6話の見どころ解説と考察~アノシラスの少女と仮想世界~

第7話「策・略」

オープニングの歌詞にて「君を退屈から救いに来たんだ」とあるように、
グリッドマン達の使命はただ怪獣を倒すことではなく、アカネを救うことでもあることを裕太達が感じ始めます。

詳細記事:「SSSS.GRIDMAN」第7話の解説と考察~アカネはやっぱり本物?裕太の使命とアンチの運命~

第8話「対・立」

ついにフルパワーグリッドマン登場。

全員出力するため、出力スケールを小さくする。
これにより、本来は合体したらすごく大きいはずのフルパワーグリッドマンが、普通のグリッドマンと同じくらいの大きさに。

合体前と合体後のサイズ感が同じなのは、特撮戦隊ヒーローもののロボットをなんとなくパロッてますね。

特撮だと着ぐるみだから合体しても大きさあんまり変わらないですし。

詳細記事:「SSSS.GRIDMAN」第8話の解説と考察~六花の瞳とアカネの思惑~

第9話「夢・想」

パワードゼノン初登場。

パワードゼノンの関節の動きがぎこちないのも、特撮ヒーローものを意識していそうですね。

詳細記事:「SSSS.GRIDMAN」第9話の解説と考察~アカネの生死の謎と深まる孤独感~

第10話「崩・壊」

オープニングの「壊れたビニール傘」シーンの伏線回収。

アンチがオートインテリジェンス怪獣である点や、
アカネがグリッドマンが裕太だとわかっているけれど変身の詳しい過程は知らない点などがこの第10話で活きてきます。

詳細記事:「SSSS.GRIDMAN」第10話の解説と考察~寝たりしない「本当の人間」とアンチの心~

第11話「決・戦」

クライマックスに向かって伏線回収が急速に進む回ですね。

裕太の記憶喪失の件について重要な回。

詳細記事:「SSSS.GRIDMAN」第11話「決・戦」の解説と考察~裕太の瞳とアカネの瞳~

第12話(最終話)「覚醒」

第1話「覚・醒」で始まり第12話「覚醒」で終わる。

第1話の「覚・醒」がグリッドマンが裕太を介して現れる覚醒であるのに対し、

最終話の「覚醒」はアカネが自分の世界に戻る、つまり夢(六花達の世界)から覚める「覚醒」を意味します。

詳細記事:SSSS.GRIDMAN 第12話「覚醒」解説と考察~アカネの正体と神様の世界~


その他の記事

「SSSS.GRIDMAN」を初めて見るときの順番や予備知識

「SSSS.GRIDMAN」OPの伏線の解説や考察

「SSSS.GRIDMAN」EDの伏線の解説や考察

「SSSS.GRIDMAN」の考察・仮説・伏線一覧

「SSSS.GRIDMAN」と「電光超人グリッドマン」の違い

「SSSS.GRIDMAN」六花達の瞳の色の解説と考察と仮説

「SSSS.GRIDMAN」ボイスドラマの伏線一覧


参考資料