ゾイド 第12話「黒のオーガノイド」あらすじを解説|ゾイド -ZOIDS-(初代アニメ無印)

初代アニメである「ゾイド -ZOIDS-」に関するページです。
ネタバレも含みますのでご了承ください。




第12話「黒のオーガノイド」あらすじ

概要

最獣要計画「ゾイドワイルド」起動!(YouTube)より引用

 どうやらここにも作らなきゃいけないみたいだな。
 ゾイドの墓場を。
 シャドー!!

レイヴン(ゾイド-ZOIDS-第12話)より引用

 レイヴンの初登場である第12話。

 これに伴いシャドーとセイバータイガーも登場となります。


あらすじ

 1個師団(ゾイド約30機)がたった1体のゾイドにやられた共和国軍。
 そのゾイドとパイロットはは黒いオーガノイドを連れていたことがわかります。

 これにより補給のために村を訪れたバン達は、ジークの姿から共和国軍に疑われることとなります。
 苦肉の策としてバンとフィーネを逃がすアーバインとムンベイ。

 逃走中に、バン達はレイヴンと出会います。
 不愛想なレイヴンですが、同じ軍に追われる身からバンはレイヴンに共感し行動を共にします。

 一方、アーバイン達はハーマンの紹介状を持っていたことから自由の身になります。
 そして黒いオーガノイドの存在を知ります。

 バン達を助けに行くアーバイン達。
 ゴドスの大軍がレイヴンを追い詰めます。

 正体を明かしたレイヴンはセイバータイガーに搭乗。
 レイヴンのセイバータイガーは単身で戦いゴドスの軍は壊滅状態に。

 そこへ立ちはだかるシールドライガーとバン。
 しかしオーガノイドと合体していない状態のセイバータイガーでレイヴンはバンのシールドライガーを圧倒します。
 
 ピンチのバンに助力しようとするアーバインとムンベイ。
 そこへ帝国軍から命令の無線が入り、レイヴンは気まぐれに去っていきます。



解説

ハーマンの伏線

 これまでも度々ハーマン「大尉」の紹介状を軽んじていたアーバインとムンベイ。
 そんな前振りがしっかりした中で、今回その紹介状が力を発揮し2人は自由の身になります。

 ハーマンの正体について語ろうとしたところで白々しく電話が入り、伏線が強調される第12話。


バンとレイヴン

オーガノイドの力がなければ何もできないってことか。

レイヴン(ゾイド-ZOIDS-第12話)より引用

 性格も扱うゾイドも真反対であるバンとレイヴン。
 序盤こそバンはジークに依存した戦闘スタイル、レイヴンは単独での戦闘が多いです。

 これが物語終盤ではジークがいない状態でも安定して戦えるバンと、シャドーに依存することと引き換えに最大火力に全振りするレイヴンというスタイルに変化していきます。

 成長の過程も正反対に描かれるバンとレイヴン。


生き物であるゾイド

 残虐に戦うセイバータイガーに対し、パイロットだけでなくゾイドも怯えていたシーンが印象的な第12話。
 ロボットではなく生き物を次々と倒す様子が、バンやフィーネ、アーバインの感情の起伏を際立てます。

 ゾイドが大枠としてはロボットアニメですが、金属生命体であるという設定はゾイドというコンテンツの強みだと思います。


バンVSレイヴン

初代アニメである「ゾイド -ZOIDS-」に関するページです。 ネタバレも含みますのでご了承ください。 バンVSレイ...



参考資料

アニメ「ゾイドワイルドZERO」に関する解説ページです。 ネタバレも含みますのでご了承ください。 はじめに ...