ゾイド 第13話「激戦! クロノス砦」バンVSレイヴン2戦目|ゾイド-ZOIDS-(初代アニメ無印) あらすじを解説

初代アニメである「ゾイド -ZOIDS-」に関するページです。
ネタバレも含みますのでご了承ください。




第13話「激戦! クロノス砦」あらすじ

概要

最獣要計画「ゾイドワイルド」起動!(YouTube)より引用

 ゾイド、ゾイド。
 まともに使えもしないのに。
 気分が悪くなる。

レイヴン(ゾイド-ZOIDS-第13話)より引用

 バンとレイヴンの2戦目である第13話。
 レイヴンのセイバータイガーにシャドーが合体する初披露回になります。

 シールドを展開しセイバータイガーに一撃を入れるものの、今回もほぼ一騎打ちでバンはレイヴンに敗退します。

 ちなみに動きこそないものの、シュバルツのアイアンコングが配備され初登場となります。


あらすじ

 レイヴンとの再戦を望み、戦争が始まる地域に残ろうとするバン。
 それをやめさせようとするフィーネとムンベイ、放っておくアーバイン。

 しかしアーバインは同じゾイド乗りとして共感する部分があるようで、単身で軍の内情を確認しレイヴンの居場所を予想、バンに伝えます。
 ムンベイ達も呆れながらも理解し見守る立場に。

 一方で主義の違いから衝突が続くシュバルツとマルクス。
 プロイツェンの後押しもあり、マルクスの軍が単独でクロノス砦を攻めます。

 並行して行われるバンとレイヴンの戦い。
 アーバインが途中で助力するもののライガーとコマンドウルフはセイバータイガーに敗退します。

 そしてクロノス砦では共和国の自爆作戦によりマルクスのゾイド部隊が爆破されてしまいます。



解説

戦争の緊迫感

 レイヴンと再戦するため、時期に戦争が始まる地域に残ろうとするバン。
 そんなバン達をトラックに乗って非難する民間人が声をかけます。

 少し慌てているような運転手、荷台に乗って不安そうな女性や逆に状況が飲み込めず無邪気な子供。
 何気ないシーンですが、このように各々の心情が混ざった状態で地域を後にする民間人の描写から、戦争のシリアスさが伝わります。


ゴジュラスを探すアーバイン

 大規模な戦争に伴い、ゴジュラスが配備されることを予想し共和国基地に侵入したアーバイン。
 しかしゴジュラスは不在。このあたりは後の伏線となりますが、いずれにせよこれをきっかけに共和国が何らかの作戦を立てていることをアーバインは察します。

 情勢からレイヴンの場所を予想しバンに伝えるアーバイン。
 バンの再戦を後押しするのは、やはり同じゾイド乗りとしての性というところでしょう。


シールドライガーの力を引き出したいバン

 シールドライガーは、セイバータイガーに対抗するために作られたゾイド。
 つまりレイヴンに負けたのは、俺がシールドライガーの力を、100%引き出してないからなんだ。
 100%、あれの使い方さえわかれば。

バン(ゾイド-ZOIDS-第13話)より引用

 レイヴンとの再戦に向けて、起動が不完全なライガーのシールドを調整するバン。

 シールドライガーは文字通りシールドが特長のゾイド。
 シールドという攻撃ではなく防御の装備でここまで見せ場を作るゾイドの演出は興味深いなぁと思います。


レイヴンとシュバルツ

レイヴン「僕は好きなときに出て好きなように戦う。
あんな砦、僕一人で落とせるよ」

シュバルツ「戦争は楽しいか?」

レイヴン「共和国があるから戦争が続くんだ!
だから共和国を叩き潰す」

シュバルツ「乱暴な理屈だな」

レイヴン「でも筋は通る」

ゾイド-ZOIDS-第13話より引用

 戦争の緊迫感がわかる1シーン。
 自身が合流することで戦力を拡大させ停戦を考えるシュバルツと、好戦的なプロイツェンとマルクス。

 そんな内情の中、自由に動けるレイヴン。
 プロイツェンが強力な力を持っているという描写も後の伏線と言えます。


バンVSレイヴン

初代アニメである「ゾイド -ZOIDS-」に関するページです。 ネタバレも含みますのでご了承ください。 バンVSレイ...



参考資料

アニメ「ゾイドワイルドZERO」に関する解説ページです。 ネタバレも含みますのでご了承ください。 はじめに ...