ゾイド 第7話「レッドリバーの戦い」あらすじを解説|ゾイド -ZOIDS-(初代アニメ無印)

初代アニメである「ゾイド -ZOIDS-」に関するページです。
ネタバレも含みますのでご了承ください。




第7話「レッドリバーの戦い」あらすじ

概要

最獣要計画「ゾイドワイルド」起動!(YouTube)より引用

 負けるとわかってても戦わなきゃならんときもある。
 それが男ってもんだ。

ハーマン(ゾイド-ZOIDS-第7話)より引用

 第7話は帝国と共和国、それぞれの軍を描きながらバン達が両軍に関りを持っていきます。

 実働はほとんどありませんがダークホーンの初登場であり、前回わずかに登城したシュバルツもまとまったシーンがあります。


あらすじ

 中立地帯でにらみ合いを続ける帝国と共和国。
 不必要な戦闘は避けたいシュバルツに対し、戦闘を開始したいプロイツェンはロッソ達を利用します。

 プテラスにより共和国の攻撃を装うヴィオーラ。
 これにより両軍の戦闘は開始します。

 勢力的に不利な共和国。
 ムンベイが補給を装い侵入し、橋を爆破する計画を立てます。
 しかし共和国の起爆剤が動作不良。

 ハーマンの判断によりバンはムンベイのところへ。
 崖を飛び越える必要がありますが、備えておいたアーバインのアシストにより無事に崖を飛び越えライガーは橋を爆撃することができます。



解説

やや対象年齢高めなやりとり

シュバルツ「あいにく私は、前線の一将校でしかありません。
元帥閣下の崇高なるご意志を理解するには、まだまだ未熟者であります」

プロイツェン「よかったな。私は皮肉を聞き逃す術を知っている。
いずれにしろ、戦場における君の判断は尊重する。
しかし後日、君の責任が問われることを念頭において行動したまえ」

ゾイド-ZOIDS-第7話より引用

 戦争のストーリーが入ってきたこともあり、セリフや世界感の対象年齢が上がった気がする第7話。

 令和の「ゾイドワイルドZERO」は初代ゾイドのとアニメの雰囲気(監督が同じということもあり)が似ています。

 しかしやはり初代ゾイドのストーリーのほうが対象年齢若干上でしっかりした構成だなぁと思います。


無駄のない構成

 爆撃が上手くいかなかったときのために、万が一の備えとして待機していたアーバイン。
 捕らえられていた際に両国の戦争に感づいていたムンベイとアーバインは、おそらく打ち合わせをしていたのでしょう。

 また戦闘のきっかけとなる偽装工作はヴィオーラが絡み、無駄のないキャスト。

 アニメ「ゾイド-ZOIDS-」は動き回るゾイドに目が行きがちですが、ストーリー構成もしっかりしていて見返すたびに味のある作品です。



参考資料

アニメ「ゾイドワイルドZERO」に関する解説ページです。 ネタバレも含みますのでご了承ください。 はじめに ...