シミやシワに効くハーブティーの種類やブレンド

今日はシミやシワに効くハーブティーについてです。



シミやシワに効くハーブティーの選び方

シミやシワの予防・改善といった美肌目的でハーブティーを飲む場合、美肌効果のあるハーブに加え胃腸や体の調子を整えるハーブもチョイスします。

体の代謝を促したり、緊張をほぐす。
肌だけでなく体全体の健康を促すことが美容につながります。

以下の分量は1種類で飲むときの量なので、ブレンドする場合は好みに応じて加減しましょう。


カモミール(ジャーマン種)

カモミールはいくつか種類はあり、そのうち飲用としてハーブティーでよく使われるのはジャーマン種。

ジャーマンカモミールは胃腸の働きを整える効果があるハーブです。
カモミールは安眠も促しますので夜の飲用も◎

ヨーロッパでは化粧水の成分としても有名なカモミール。
先述のとおり胃腸の働きを整え代謝を良くし、毛細血管の修復を促すなど肌を健康に導きます。

味はやさしい甘みで飲みやすい。
お湯500mlあたり小さじ1杯を目安に。

キク科アレルギーの人が注意が必要です。


ヒース

花は染料として、木は肥料としてなどハーブティー以外でも広い用途があるヒース。

ヒースには美白・尿路消毒・抗菌・利尿作用などがあります。

そのため美白などの美容目的以外にも、結石の予防などにも役立ちます。

微かな酸味と塩味がありますが、基本は淡白な味です。
和食との相性も◎
お湯500mlあたり小さじ2杯を目安に。


ハトムギ

タンパク質やビタミンEを豊富に含むハーブ。

ハトムギは美肌・利尿・消炎・排膿・鎮痛や代謝促進効果があります。
そのため美肌効果やむくみの改善に役立つハーブ。

穀物の風味であり甘みととろみがあります。
大さじ1を300mlの水で20分ほど煮出します。


ルイボス

古くから「不老長寿のお茶」として親しまれてきたハーブ。
「ルイボスティー」という名前はハーブにそれほど詳しくない人でも耳にしたことがあるのでは。

ルイボスは抗酸化作用を持ち、若々しさを保つハーブとされています。
また代謝促進や抗アレルギー作用を持つことから、冷え症や便秘、アレルギー症状の緩和にもつながります。

オレンジに似たさわやかな香りのためすっきりとした飲み心地。
お湯500mlあたり小さじ1を目安に。


おわりに

上記のようなハーブを1種類で飲んでもいいですし、好みの組み合わせで飲んでもいいでしょう。

味が好みじゃない場合は、飲みやすい味のハーブと組み合わせるといいでしょう。
カモミール、レモングラス、ミント、ハイビスカス、ローズヒップなどが他のハーブとも相性が良く飲みやすくするためのハーブとしてよく使われます。これらを活用してもいいでしょう。

体調改善を目的としてハーブティーを飲む場合は、1度に飲むのではなく1日を通してちょこちょこ飲んだ方が効果的です。
朝やお昼にハーブティーを淹れて、マイボトルなどで持ち運ぶといいかもしれませんね。


その他の記事

ニキビに効くハーブティーの種類やブレンド

アトピーに効くハーブティーの種類やブレンド

便秘に効くハーブティーの種類やブレンド


参考文献

榊田千佳子・渡辺肇子『いちばんわかりやすい ハーブティー大辞典』ナツメ社、2011年