ガウマの元ネタとミイラの伏線|SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)

アニメ「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」についてのページです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。




ガウマの元ネタ

SSSS.DYNAZENON 第1話(Abema TV)より引用

 SSSS.DYNAZENONの登場人物であるガウマの元ネタは、原作「電光超人グリッドマン」の竜使いと呼ばれたミイラであると考えられます。

 さらしを巻いたような服装がミイラの包帯のような点、ダイナゼノンをはじめに呼び出した竜の彫像がミイラの埋葬品と酷似している点などが理由として挙げられます。



解説

竜使いのミイラの解説

SSSS.DYNAZENON 第3話(Abema TV)より引用

 SSSS.DYNAZENONの原作である「電光超人グリッドマン」において、竜使いのミイラは第18話「竜の伝説」で登場します。

 概要は以下のようになっています。

  • 約5000年前の古代人のミイラと埋葬品である竜の彫像が日本の考古学研究所に運ばれる。
  • ミイラは竜を操ることができる力を持った一族である「竜使い」。国を救うもその力を恐れられ当時の王族に毒殺された。
  • 竜使いと相思相愛であった姫は、その死を知って後追い自殺をした。
  • ミイラをニュースで知った藤堂武史(敵)は、その境遇に感情移入。無念を晴らさせようと怪獣の力でミイラを復活させる。
  • 復活したミイラはゆか(ヒロイン)を姫と勘違いする。しかしゆかから姫が後追い自殺をしたことを知らされ戸惑う。
  • 怪獣は竜の彫像からヒントを得て作られたドラゴニックキャノンにより倒される。
  • 怪獣が倒されたことでミイラは再び眠りにつき、愛する姫とは再会できないまま終わりを迎える。

 ちなみに電光超人グリッドマンにおいてドラゴニックキャノンは他のメカと合体しダイナドラゴンへとなります。
 このダイナドラゴンがダイナレックスの元ネタと考えられます。


ミイラとガウマの関係の解説

SSSS.DYNAZENON 第1話(Abema TV)より引用

 原作を踏まえ、ガウマとミイラの共通点は以下のような点が考えられます。

  • ガウマの服装がミイラの包帯のようなデザイン
  • ダイナゼノンをはじめに呼び出した竜の彫像がミイラの埋葬品と酷似している
  • ミイラは竜使いであり、ガウマは怪獣使い
  • ミイラと同様、ガウマにも会いたい女性がいる
  • ミイラと怪獣の一件がダイナドラゴンの誕生のきっかけとなり、ガウマがダイナレックスを呼び出すきっかけとなっている

 ただしミイラとガウマの共通性がSSSS.DYNAZENONの展開に影響するなら、ガウマの結末がハッピーエンドとは言えない展開になることが予想されるのが悲しい限りです。オープニングと異なり、エンディングの終盤にガウマがいない点も意味深です。


ガウマと怪獣優生思想

アニメ「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 ...


ガウマの背中の紫の痣

アニメ「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 ...



その他のガウマの伏線

アニメ「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 ...



参考資料