ガウマと怪獣優生思想の過去|SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン) 第10話

アニメ「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」についてのページです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。




ガウマ達の過去

SSSS.DYNAZENON 第10話(Abema TV)より引用

 5000年前、ガウマの対立により共倒れとなった怪獣優生思想。

 オニジャ達は自身らを裏切った国に復讐するため、ガウマはそれでも姫を守るために意見が対立します。

 結果、双方の怪獣を戦わせる中で命を落とします。



解説

ガウマ及び怪獣優生思想の元ネタ

SSSS.DYNAZENON 第10話(Abema TV)より引用

 ガウマおよび怪獣優生思想の元ネタは、原作である「電光超人グリッドマン」の第18話「竜の伝説」と考えられています。

 原作において竜使いの一族は、竜を操る力で国を反映に導くも、その力を恐れられ毒殺されてしまいます。

 このことを悲しみ、竜の彫刻を竜使いと共に埋葬し、後追い自殺をしたのが当時の国の姫です。

 ダイナゼノンの元ネタでもあるダイナドラゴンの誕生のきっかけはこの18話であり、「SSSS.DYNAZENON」は第18話「竜の伝説」が色濃く反映されています。


命を落とすオニジャ・ジュウガ・ムジナ・ガウマ

SSSS.DYNAZENON 第10話(Abema TV)より引用

 戦闘の末に力尽きる一同。
 その様子が描写される第10話時点では情報不足も否めませんが、一同は戦いで命を落としたというより毒殺だったのではという説が有力です。

 原作でも竜使いは毒殺されたためです。

 また、毒を盛られたことにより怪獣優生思想の余命が決まってしまったと考えると、幾分ガウマとオニジャ達の対立の経緯がすっきりします。

 つまり、国に裏切られた一同は酒の席で毒を盛られてしまいます。

 即死では先に飲んだ人を見てあとの人達が警戒しますから、遅効性の毒だったのかもしれません。

 全員が毒を飲み、後日異変を確証した一同。

 死ぬ運命にあるオニジャ達は、最後の抵抗として怪獣で国を亡ぼすことにします(おそらくこのときに「怪獣優生思想」という名称が生まれたのではないでしょうか)。

 しかしそれを思いとどまるガウマ。
 自分達が死ぬとしても、国を亡ぼせば裏切りに関与していなかった姫達まで巻き込んでしまう。

 ここで意見が対立し、ガウマは一同と対立します。

 そして衰弱していく中で怪獣を戦わせ、力尽きます。

 倒れたガウマを見つけた姫は、竜の彫刻を渡し悲しみに暮れたのかもしれません。

 第10話、元の時間に戻ったガウマが姫に会えなかったことをぼやくシーンを察するに、あのとき倒れたガウマは絶命する直前に姫に会っていたのではないでしょうか。



補足記事

アニメ「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 ...
アニメ「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 ...



参考資料