陰口を言う人への対処法~職場や学校での付き合い方や考え方~



陰口を言う人との付き合い方

陰口を言う人は相手にしないように、わりと適当に接しています。

「別にこの人に嫌われても命を取られるわけじゃないしどうでもいいか」と思うと気持ちが楽になることがあります。

昔、同僚が自分の陰口を言ってるということを別の同僚を介して知ったことがありました。

わりと愚痴が多い同僚ではあったけれど、自分のことは信頼してくれているとどこかで思っていました。

だからこそ、陰口を言われていると知ったときは辛い気持ちになりました。

当然、その人のことを信用できなくなって、人間関係について改めて考えさせられました。

そして気づいたのが、
陰口を言われていることを知る前も知った後も、その人の私に対する接し方は変わってないということです。

当然と言えば当然ですね。
相手は、私が他陰口のことを聞いたことを知らないのですから。

陰口を言う人って、ある意味で社交的な人なのだと思います。

うわべの関係性を壊したくないから、直接は批判をしない。
対面しているときは感じ良く接する。

私の陰口を言っていたということは、何かしら嫌いなところがあるからなのでしょうが、それでも普段は社交的に私と接してくれます。

陰口を言うような人に嫌われても、日常生活は別に普通に送れるものです。



友達は他のところにいればいい

嫌いな人を殴ったり蹴ったりしてくる人。
こういう人に嫌われるとたいへんです。
実害があるからです。

けれど、裏で悪口を言うけれど表では感じ良くする人に嫌われても、別に日常困ることはありません。

陰口を言う人に嫌われても嫌われなくても、表の関係性は変わらないのである意味で楽です。

向こうが勝手に社交的にしてくれたり距離を置いたりしてくれるので、こっちは気を遣わなくて済みます。

私は信用できないと思う人とは友達になりたいと思わないので、陰口を言う人と無理に友達にならなくてもいいかなと思っています。

友達が欲しいなら、友達になりたい人と友達になればよくて、無理に「その人」と友達になる必要はないのです。

だから陰口を言う人とは「そこそこの関係」でやれればいいです。

「そこそこの関係」程度なら、多少嫌われても維持できます。相手が社交的だからです。



ルールを守る関係性

人によっては、陰湿な嫌がらせをする人もいるかもしれません。

けれど、日常生活に危害を加えあり仕事が滞るようなことをされれば、それは法律や就業規則で罰してもらいます。

陰口を言ったり陰湿な考えを持っている人とは、「そこそこの関係」だけ築けばいいと思っています。
そしてルールさえ守ってくれれば「そこそこの関係」は維持できます。
逆にルールを守る以上のことはこちらも求めません。

ルール以上のこと、例えば「親切にし合う」とか「助け合う」とかは、友達とすればいいのです。



おわりに

生きていく上で何かを「気にできること」は大切です。
一方で、「気にしないこと」も大切なのだと思います。

世の中にはいろんな人がいて、自分から見たら信用できない人もいます。

けれど、そういう人達を気にしなければ、いくぶん楽になります。

相手を嫌う必要はなくて、嫌われることを気にしないだけで、生きることは少し楽になります。



その他の記事

定時で帰るための理由や言い訳一覧
定時で帰る方法 サービス残業も多い昨今、できれば定時でさっと帰って自分の時間を大切にしたいものです。 一方で、「なんとな...
部下が報告しないのは、上司が報告しないから。
人の振り見て我が振り直せ。 部下が報告しないのは、上司が報告しないからだと思います。 【目次】 1. 上司が報告しないから、部...
昼休みに仕事の話をする上司は無能であるという説
昼休みに仕事の話をする上司 会社の雰囲気にもよりますが、 昼休みにまたいで仕事をしている上司は無能なのなのかもしれません...
「良い物を長く使う」という発想を履き違える人
1つのライフスタイルとして、「良い物を長く使う」という考え方があります。 エコとかミニマリストとか、そういう考えがブームになったことでより...
「辞める」とか「文句」を言ってる人ほど会社やめない説
「私は会社やめるから」「この会社ってろくなもんじゃないよね」っていう人ほど会社やめないですよね。 逆に日頃悪口言わず黙って仕事している...
【教訓】三流の人は簡単なことをわざわざ難しくする
一流の人は簡単に取り組めるように落とし込むのが上手い 一流の人は難しい仕事を簡単にします。 二流の人は難しい仕事を難...
「歯を食いしばって努力する」という発想を履き違えている人
努力について考えます。 【目次】 1. 努力じゃなくて、好きだからやっている 2. 嫌々やることは、「好き」には敵わない 3...
クレーマーに対応できて一人前みたいな発想はやめたほうがいい。
「クレーマーの○○さんを上手に接客できれば一人前」みたいな発想はやめたほうがいいと思います。 そういう、 「仕事は(これといって意味...
「やっぱり正しかった」と後からわかった時の後悔は半端ない
正しいと思いながらも自信がなくて別のことをする。 後からやっぱり自分が思っていたことが正しかったと気づく。 そういうときって「ああ、せっ...
インターネットで正しい情報を得るテクニック
インターネットで正しい情報を得るテクニック 情報化社会と言われ、いろいろな情報が大量に流れています。 いろいろなことを知...