鋼の錬金術師のあらすじと魅力を1000文字以内で。

「鋼の錬金術師」のあらすじと魅力をこれから読む人用に1000文字以内でまとめます。



鋼の錬金術師のあらすじと魅力

鋼の錬金術師とは?

鋼の錬金術師とはガンガンに連載されていた漫画が原作の作品です。
現在は完結しています。「ハガレン」と略されたりします。

漫画だけでなくアニメや映画など様々な形の作品が作られた人気コンテンツです。

ハガレンは2回アニメ化されました。
1回目はアニメオリジナル展開。
2回目は1回目とは関連せず、原作を忠実に再現した展開。
アニメ1期・2期それぞれの世界観で1本ずる映画化されました。

鋼の錬金術師のあらすじ

舞台は19世紀のヨーロッパをイメージしたパラレルワールド。
ハガレンの世界では錬金術が発展していた。

錬金術とは例えば壊れたラジオのパーツが過不足なくあればラジオを復元できるといったハガレン世界における科学技術。

主人公のエドワード・エルリックと弟のアルフォンス・エルリックは錬金術の才能があった。
幼くして母を亡くした2人は、錬金術によって死んだ人を蘇らせる人体練成を試みる。

しかし人体練成は失敗。皮肉なことに失敗したリバウンドで兄弟は自分の体を失ってしまう。

エルリック兄弟は自分達の体を元に戻すため、錬金術の増幅装置である賢者の石を探す旅に出るのであった。

鋼の錬金術師の魅力

死んだ母親にもう一度会いたいという純粋な気持ちからエルリック兄弟は人体練成を行います。
しかし、結果は皮肉なことに母親を取り戻すどころか自分の体を失う事態になってしまいます。

このダークファンタジー的な要素がハガレンの魅力です。

錬金術は何かを得るために何かの代償を必要とします。
人の命はどれだけの代償を払っても取り戻すことはできない。
なら、自分の体もどのような代償を払っても取り戻すことはできないのか?
あるいは取り戻せたとしても、その代償が例えば別の人の命のような替えのきかないようなものだったとしたら?

何かを得るためには何か代償を払うという等価交換の原則を前に、兄弟が苦悩しながら成長していく。

基本的に過激な表現やグロい描写がおさえられ、ハガレンは万人が楽しめる作品です。
一方で、ダークファンタジー的な要素を持ちご都合主義ではない考え深いストーリー展開が楽しめます。


その他の記事

銀魂のあらすじと魅力を1000文字以内で

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のあらすじを1000文字以内で。