ゼログライジスVSライジングライガー|ゾイドワイルドZERO 第50話(最終回) 解説

アニメ「ゾイドワイルドZERO」に関する解説ページです。

ネタバレも含みますのでご了承ください。




ゼログライジスVSライジングライガー最終決戦

ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

ゾイドワイルドZEROの最後の戦闘である、第50話のゼログライジスとライジングライガーの最終決戦。

ゼログライジスがゼロブラストを放ち、ライガーがコアに飛び込むという初代アニメのオマージュたっぷりの演出です。

しかし細かく見ると旧来のアニメのオマージュだけでなく、ゾイドワイルドZEROのこれまでの演出をしっかり踏襲した面もあり、非常にきれいな、まとまりのあるクライマックスだなあと思います。



実際のシーン

ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

リジェネレーションキューブ本体へと向かうゼログライジスとランド博士。

そこへ複座式のスナイプテラに乗ったメルビルとサリーが。

武装の少ない複座式のスナイプテラで来たことが、戦闘ではなく二人がランド博士を説得に来た意思が伝わりますね。

当然ここで説得ができるはずもないですが、

父親であるランド博士にサリーとメルビルが直接会うのは大切な展開かと思います。


ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

説得できないランド博士に対して、

ビルを駆け上がりゼログライジスに飛び込むレオとライジングライガー。

ビルを駆け上がる演出は、オープニングのビーストライガーの演出とつながっていますね。


ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

ゼロブラストとエヴォブラストの真向勝負。

まさに荷電粒子砲を打つデスザウラーと、ブレードを前面展開するブレードライガー。


ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

活性化されたゾイド因子で保ててはいるものの、装甲が徐々に限界に。

ビームの中で装甲が徐々に壊れていく演出も、初代アニメの最終回のブレードライガーを彷彿とさせます。


ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

初代アニメならここでゾイドコアを貫通して勝利ですが、

ゼログライジスの内部に入り込むライジングライガー。


ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

ついにリジェネレーションキューブ本体のところにきたゼログライジス。


ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

しかしリボルバーの推進力で徐々にコアを破壊します。

この時間差の演出がライジングライガーらしくていいですね。普段はあまり目立ちませんが、やはりライジングライガーの特徴はリボルバーの勢いを使ったブレードの貫通力です。


ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

それによりランド博士がまず光に包まれ、


ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

ゼログライジスにも異変が。


ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

消滅していくイレクトラとゼログライジス。

二人の向きが反対になっているのも丁寧な演出です。


ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

キューブが地下へ沈んでいくと同時に、レオの安否が心配されますが、


ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

無事脱出。


ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

光に包まれながら大勝利です。



おわりに

ゾイドワイルドZERO 第50話「無限大の地球へ」(あにてれ)より引用

レオを呼ぶ様子やレオが無事脱出した際に安堵するサリーは、初代アニメでレイヴンを心配するリーゼっぽいなあと思います。



第50話全体のあらすじ

アニメ「ゾイドワイルドZERO」に関するページです。 ネタバレも含みますのでご了承ください。 第50話「無限大の...



参考資料

アニメ「ゾイドワイルドZERO」に関する解説ページです。 ネタバレも含みますのでご了承ください。 はじめに ...