コストコで買った方がいいもの

コストコはお得ではありますが、1回あたりの購入量が多いのがネック。
そのため何を買うかきちんと見極めないと逆に損をしてしまいます。

今日はコストコ初心者が買っても損をしにくい物を考えます。


トイレットペーパー


コストコの紙製の消耗品は厚くて丈夫。
トイレットペーパーも例外ではありません。

コストコのトイレットペーパーは厚くて柔らかく、1ロール自体も大きいのでお得です。

トイレットペーパーを使わない人はいないでしょうし、あって邪魔にはならない消耗品。
トイレットペーパーはコストコに初めて行く人でも失敗しない買い物の代表です。


キッチンペーパー


キッチンペーパーも厚くて丈夫でリピート間違いなし。

実際にするかどうか別として、
乾かしてもう一回使いたくなるくらい厚くて丈夫なのです!

トイレットペーパー同様、こちらも1ロールあたりが大きいです。


普段の調味料


コストコの多くの物は海外製のブランドですが、日本のブランドの商品もけっこう多く取り扱っています。

味の素やサラダ油。
その他スーパーで見慣れているウェイパーや塩や砂糖。
普段から使っている調味料もコストコだとお得でしょう。

ポイントは普段から使っているものと同じ物を買うこと。
コストコは1つの商品あたりの量が多いので、買ったこと・使ったことがない調味料を冒険して買うことには向きません。



肉類


コストコの肉類は安いのに質もいい。

特におすすめなのが牛肉
コストコはどれも1商品あたりの量が多いので、値段は1つ5000円前後しますがグラムあたりで考えると圧倒的な安さ。

値段を安く、質もしっかりと考えるならコストコの牛肉はgoodです。


ペリエ


これは普段から炭酸水を飲む人に限られますが、コストコのペリエはお得です。

ペリエとはヨーロッパの炭酸水のブランドです。

ノーブランドで安売りされている炭酸水とほぼ同じかそれより安い1本あたりの値段で、世界中で飲まれている有名ブランドの炭酸水を購入することができます。


まとめ


コストコは基本的に単価は安いですが1回の購入量が大量になります。
そのため普段の生活でもともと使っているものを買うのがおすすめです。

使ったことがない物、食べる習慣がない食べ物をいきなりコストコで買うことは初心者には特におすすめできません。
消費しきれずに結局捨ててしまったとなっては本末転倒。

はじめは無難な消耗品から買ってみるのがコストコの上手な活用の仕方です。



その他の記事

コストコに会員にならずに定期的に行く方法

貧乏臭くならない節約術

【節約術】家計の見直しは固定費から