親が格安SIM。子供のキッズケータイはどうするか?②

親が格安SIMの場合、子供のキッズケータイはどうするか?
という問題の考え方と流れについて。

前回の続きです。

前の記事


初期費用も抑えたい

格安SIMでキッズケータイをと考えると、有名どころではTONE MOBILEが挙がります。

しかしTONE MOBILEは機種が選べず、初期費用が高い傾向にあります。

自分の前の機種をキッズケータイ代わりにしたい。
安くで端末を買って、それをキッズケータイにしたい。

上記のように、月額だけでなく初期費用も抑えようと考えるとTONEは選択肢として微妙になってきます。

格安SIMは月額の安さだけでなく、
SIMカードを差し替えることでいろんな端末を使えるのが魅力でもあります。

端末を自由に選べる、キッズケータイプランがある格安SIMはないのか?という方向性になっていきます。


スマホをキッズケータイ化できるアプリ

話は脱線し、そもそもスマホをキッズケータイにできるアプリってないのでしょうか?

もしも、

「このアプリを入れると親の携帯でGPS探知ができたりネット制限ができたり、子供が有害アプリを勝手に追加できないようにできたりしますよ♪」

というアプリがあれば、どこかの格安SIMのスマホを適当に契約してそのアプリを入れればいいですよね。

スマホをキッズケータイ化できるアプリってないのでしょうか?

ググると、やっぱりありますね。

スマホをキッズケータイ化できるアプリっていろいろあります。

その中で、比較的機能がしっかりしていて、安心感のあるアプリが

・スマモリ
・Filii(フィリー)

の2つです。



スマモリっていうのはざっくり言うとGPS機能と、ネットやアプリの機能制限ができるアプリ。

「歩きスマホ防止」機能などもあり個人的にはおもしろいなあと思います。

Filiiはざっくり言うと、スマホの使用状況を見れるアプリ。

子供がどんな検索をしているのか。どんな時間帯に使っているのか。
危険な単語を検索したりすると親のスマホに通知してくれる機能もあります。

スマモリが機能を「制限」するのに対し、Filiiは「監視」するアプリと言えます。

アプリを入れることでスマホをキッズケータイ化するにはこのへんのアプリが有効そうですね。

ただしスマモリもFiliiも月額が400円の有料アプリなので月々のコストがかかります。


スマホをキッズケータイ化できるキャリア

話を戻して、
端末を自由に選べる、キッズケータイプランがある格安SIMはないのか?
という問題です。

ネットでいろいろ調べてみると、以下のようなキャリアが候補に挙がります。

・LINE MOBILE
・イオンモバイル
・mineo

3つとも格安SIMキャリアとしては有名ですね。

いずれもキッズ向けのプランを選択することで、スマホをキッズケータイのようにできるキャリアです。

次回、それぞれの違いを見ていきます。

次の記事へ