ストックは意外といらない

家計を節約する上で大切なのは不必要な物は買わないこと。
そして過剰に物を買わないことです。

そのためには箪笥の肥やしになりがちな、
ストックを見直すことが大切です。


ストックは意外といらない


ストックは必要だからしているわけですが、
長い年月の中でただの習慣になってしまっている場合も多々あります。

なくても意外と困らないストックは多いものです。

今日はストックしないい物、なくなってからそれでも必要なら買えばいい物を考えていきます。


ティッシュ


どの家庭にも、数箱はティッシュのストックがあるものです。

しかしながら、
ティッシュは最後の1箱を開けてから買いに行っても充分です。
何箱もあるうちから「今日はセールだから」と買う必要はありあせん。

万が一家からティッシュがなくなっても、
ティッシュでできることは全てトイレットペーパーやキッチンペーパーで代用できます。

ティッシュがなくなっても意外と生活できるものです。


冷蔵庫の中


冷蔵庫の中には何かしら食材が入っている物ですが、
たまには冷蔵庫の中を空っぽにしてからスーパーに行ってみてはいかがでしょう?

多少食材が不足していても、
ある物を使って自炊はけっこうできるものです。

そうやって冷蔵庫の中を一度すっきりさせてから食材を買いに行くのは気持ちの良いものです。


消臭剤


リビング・玄関・寝室・トイレ
下駄箱・冷蔵庫 etc

家のいたるところにある消臭剤。
意外となくても大丈夫かもしれません。
こまめな掃除や換気のほうが大切です。

消臭剤を切らしたくないというのは一種の強迫観念に近いものもあります。

一度消臭剤のない生活を再体験することも時には必要かもしれません。


ジュースやお菓子


ジュースやお菓子は嗜好品。
基本はなくても困らないものです。

「ないと困る」という習慣が問題なのです。
そこから「なくても平気」というくらいになるには時間がけっこう必要ですが、健康面からも出費面からもやる価値はあるかもしれません。


洋服


洋服は意外とみんな着るものが決まっているものです。
クローゼットにある服をまんべんなく着ている人は少ないものです。

人が普段よく着る服は、その人が持っている服の2割くらいのものです。


封筒・ご祝儀袋


こちらのタイミングで起こるわけではない冠婚葬祭。
その際に使うご祝儀袋の類もストックしておく必要はありません。

その気になればコンビニで買うことができます。
1年に1回使うかどうかの微妙な頻度。
コンビニでいつでも買うことができる。

不幸事も急に起こるものですが、
葬儀や通夜の道中にコンビニがないことはないでしょう。



関連記事:無駄遣いをやめる方法

関連記事:ミニマリストがそれでもストックしたい厳選した物