STINGER8 サイドバーのテキストの行間(幅)を広げたり狭めたり調整



STINGER8 サイドバーの行間のカスタマイズ

WordPress(ワードプレス)テーマ、「STINGER8」。

そのシンプルさから人気の高い無料テーマの1つですね。

「STINGER8」のサイドバーの行間をカスタマイズする場合、子テーマの「style.css」を編集して、調整する方法がおすすめです。

ここで言う「行間」とは、ウィジェットとウィジェットの間ではなく、まさに文字と文字の行間を指します。



STINGER8の行間が狭い件

「STINGER8」のサイドバーの行間って狭いんですよね。

ぴっちり上の行と下の行がくっついているというか、余裕がない感じです。

近年、スマホやタブレットでネットは閲覧されることが増えました。

これはマウスではなく指で文字やリンクをタップするということを意味します。

行間が狭いと、文字をタップすることが不便です。

使いやすいウェブサイト作りのためには、タップのしやすさを考えることは大切ですよね。

ということで、「STINGER8」のサイドバーの行間を調整しようという流れに至るわけです。



行間を調整するコード

基本は「style.css」にコピペでOK。

ちなみにテーマを編集するときは子テーマでの編集をおすすめします。

/* 以下、サイドバーの行間のコード。 */

#side .st-aside ul li{padding:3px;}

/* 以上、サイドバーの行間のコード。 */

上記の「3px」の値を変えると任意の行間の幅に変えることができます。

また、一番上と下の行の文章はわかりやすくするためのコメントなので、なくてもOKです。



おわりに

テーマエディターにてテーマを編集しても設定が反映されない場合は、「キャッシュの削除と再読み込み」をやってみてもいいかもしれません。

詳しくはこちら。

WordPressでテーマを編集して設定が反映されないとき
WordPressでテーマを編集しても設定が反映されないときがあります。 今日は設定を反映させる対処法のひとつである、キャッシュの削除...



その他の記事

WordPressでプラグインなしでブログカードを作るショートコードの方法
ワードプレスでブログカードをカスタマイズしたい WordPress(ワードプレス)でブログカードをカスタマイズしたい場合、 ...
WordPressでプラグインなしで目次を自動生成する方法
ワードプレスで目次を自動作成する方法 ワードプレスで記事内に目次を作りたい。と思ったとき、 個人的には 「functi...
ワードプレスの最低限のおすすめプラグイン~WordPress初心者向け~
最低限入れておきたいおすすめプラグイン ワードプレス(WordPress)には様々なプラグインが存在し、その使い勝手を自由に変...
プラグインを使わずにブログにソースコードを載せる方法(WordPress)
プログラミングを勉強していて、ブログにソースコードを紹介したいときがあります。 しかしながら、ブログなどにソースコードをそのままコピペ...
WordPressでメディアをカテゴリー分けしたい~Enhanced Media Library~
WordPressでメディアをカテゴリー分けしたい WordPress(ワードプレス)を使っていると、画像を使うことがあるわけ...