麻中蓬(あさなかよもぎ)の名前の由来と伏線|SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)

アニメ「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」についてのページです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。




麻中蓬の名前の意味

SSSS.DYNAZENON 第1話(Abema TV)より引用

 麻中蓬の名前の由来は、「麻の中の蓬(あさのなかのよもぎ)」ということわざであると考えられます。

 「麻の中の蓬」とは、良い(善良な)環境で育てば、人は善良な人間になるという意味のことわざです。



解説

「麻の中の蓬」の解説

SSSS.DYNAZENON 第4話(Abema TV)より引用

 「麻の中の蓬」は「麻中之蓬」という四字熟語として表記されることもあります。

 いずれも同じ意味であり、麻の中で育つ蓬を指します。
 蓬のように曲がりやすい植物でも、麻のようにまっすぐ育つ植物に囲まれていると蓬もまっすぐ伸びます。

 このことから、人も良い環境・善良な人と関り育つことで、善良な人間になるということわざです。


「麻中蓬」の解説

SSSS.DYNAZENON 第1話(Abema TV)より引用

SSSS.DYNAZENON 第1話(Abema TV)より引用

 行き倒れたガウマを助けたことから始まり、約束をすっぽかす噂を聞いていながら夢芽との待ち合わせに足を運んだ蓬。
 厄介事とわかりながらも周囲の人に労力を割き耳を傾ける様子がうかがえます。

 また、初めはダイナゼノンで戦うことに消極的だった蓬ですが、戦闘で壊れた街を夢芽と見てからは人や街を守ろうとします。

 周囲の影響を受けながら変化していく様子が「麻の中の蓬」という言葉とマッチしています。


SSSS.DYNAZENON 第2話(Abema TV)より引用

 また、蓬という人柄と「麻の中の蓬」という言葉を明らかに結びつけているのがボイスドラマの2.2回です。

 第2.2回「優しい家で育ったから」にて、蓬の家に泊まるガウマ。
 「蓬ん家はみんな優しいな。優しい家で育ったから、蓬も優しいんだろうな」と言うガウマ。この表現は明らかに「麻の中の蓬」を意識した演出と言えます。



参考資料