南香乃(みなみかの)(夢芽の姉)の名言集|SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)

アニメ「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」についてのページです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。




南香乃(みなみかの)の名セリフ

夢芽「何も、何も良くない!
自殺とか事故とか、そんなこと関係なくて、香乃に、死んでほしくないんだ。」

香乃「死ぬ?それでわざわざ来てくれたんだ。
もっと、仲良くしとけばよかったね」

SSSS.DYNAZENON 第10話(Abema TV)より引用

 綺麗な青空と優しい言葉が切ないシーン。


香乃「夢芽、私のこと嫌いだったでしょ?」

夢芽「そんなことない」

香乃「そうやってすぐ合わす。
夢芽は、ちゃんと相手に合わせられるんだよ
だから、羨ましかった。
私は夢芽に憧れてたんだ。
だから、距離作っちゃった」

夢芽「え?」

香乃「私も変わろうって、高校で部活に入って、いろいろ頑張ってみた。
空回りもしてたかもしれないけど、双葉先輩は、私に優しかったんだよ」

夢芽「だったら、もっと頼ればよかったのに」

香乃「でもやっぱり迷惑かけたくなくて、無理しちゃったのかもしれない。
だからさ、あの人を責めないでね」

夢芽「うん」

香乃「夢芽はちゃんと、人を頼りなよ」

夢芽「それは最近、わかった気がする」

香乃「そっかぁ。
やっぱり、少し羨ましいな」

SSSS.DYNAZENON 第10話(Abema TV)より引用

 最後の「やっぱり、少し羨ましいな」がなんとも切ない二人の会話。

 香乃が生きている頃に、もっとお互い正直に話せたらよかったのでしょうが、不器用だった姉妹。

 暦やちせもそうですが、人間関係の不器用さがたびたび描かれるダイナゼノンという作品。


夢芽「私、自分のいた時間に戻っていいのかな」

香乃「好きにしたらいいんじゃない」

SSSS.DYNAZENON 第10話(Abema TV)より引用

 二人に溝があったときと同じ「好きにしたらいいんじゃない」の言葉を、今度は非常に温かい言葉として使います。
 これが二人の会話の最後となる点も含めて巧みな演出です。



参考資料