夢や目標を叶えるおすすめの手帳術~自堕落な人向け~




おすすめの手帳術

仕事とプライベート両方に対応できて、毎日を充実させたり夢や目標を実現する。

そんなことに役立つツールとして、手帳はおすすめです。

おすすめの手帳術はリング式の手帳の中を6分割する方法です。

具体的には、

などのフリーインデックスを使って手帳のページを6分割します。

6分割の内訳は、

  • マンスリー
  • ウィークリー
  • デイリー
  • アファメーション
  • 日記
  • メモ


です。

以下、これらの解説を。



夢を叶える6分割手帳の内訳

マンスリー

見開きで1か月が俯瞰できるページ。

ざっくりと予定を見るときに使います。

手帳におけるマンスリーは予定の把握に使います。

ウィークリー

マンスリーは予定を見るときは便利なのですが、

マンスリーだけではその予定に対してどんなことをどんなペースで進めるべきかが明確にしにくいです。

ウィークリーのページで、この1週間をどのような配分で過ごすのかを考えます。

手帳におけるウィークリーは計画を立てるのに使います。

デイリー

マンスリーが見開き1カ月。
ウィークリーが見開き1週間ないし2週間。

これに対しデイリーは見開きで1日ないし2日です。

デイリーにてその日のスケジュールやすることを確定します。

手帳におけるデイリーはその1日に集中するための指針です。

アファメーション

アファメーションとは脳科学を応用した目標達成の方法の1つで、自分の夢や目標を肯定的に完了形で書くことです。

まあ、アファメーションについては他の書籍などで書き方を確認することをおすすめしますが、

例えば
「時間に余裕を持って行動する」と書くのではなく、
「私は時間に余裕を持って行動していて、だからいつも穏やかに過ごせている」
というように

「私は」と自分を主語に「~している」とすでに実現できているように書くわけです。

このように目標を書くことで、
目標達成に対する臨場感が増したり、「明日から頑張ろう」と後回しになるのではなく「自分はもう(目標が達成できている)そういう人間なんだ」と思って今この瞬間から行動に移しやすくなります。

日記

日々の思ったことやアイディア、愚痴や楽しかったこと。

自分の思ったことを文字に起こすのはメンタルの安定につながります。

メモ

そのほか雑記。

ちょっとした電話番号や調べたことなど。



まとめ

マンスリーだけで構成されている手帳も売られている中、今回紹介した手帳術は割と細かい部類ですよね。

個人的な話ですが、私は自堕落です。

自堕落な人ほど手帳でしっかり日々のルールや流れの仕組みづくりをしておくと、楽です。なぜなら誘惑やサボり癖を忘れられるからです。

そういう意味で、
今回紹介した手帳術は夢や目標があるけど自身の自堕落な性格も自覚している人におすすめな手帳術です。



その他の記事

手帳の色分けの仕方とルールと考え方
【目次】 ・手帳の色分けの仕方 ・手帳を色分けすること ・手帳の色分けのルール ・まとめ ・その他の記事 手...
手帳のマンスリーは中央に線を引くと使いやすい
B6のバイブルサイズをはじめとし、多くの手帳は見開きで1か月の予定がわかるマンスリータイプが採用されていますね。 今日はマンスリーリフ...
手帳を書くとき色分けしない理由~色分けのデメリット~
手帳やノートの取り方で、3色ボールペンなどで色分けする方法が有名ですね。 しかしながら、手帳は色分けしない書き方のほうがおすすめです。 ...



参考資料