手帳術におすすめの文房具~ずっと使って良かった物~




手帳術で行き着いたアイテム

もうかれこれ10年以上手帳を使っていて、その中で「やっぱりこれは使うな」と行き着いたアイテムをいくつか挙げていきます。

ちなみに、
手帳は6穴リング式のバイブルサイズの物を使っています。

いらないページを取り除いたり、逆に必要なページを付け加えたりできるので便利です。

人間誰しも生活スタイルが微妙に変化することはあると思います。
そういったときにリング式の手帳は対応力があって重宝します。

同じ手帳でも拡張性が高いところがリング式の手帳の良いところかなと思います。

以下、手帳に関連してよく使うアイテムを。



手帳術におすすめの文房具

スケジュールとメモを分けたり。

インデックスは何かと便利です。

インデックスは紙製の物よりPP製(ポリプロピレン)の物がおすすめです。

また、分割数は6分割くらいが手に入りやすいし見た目もすっきりかと。



名刺入れですが、ポイントカードとか入れるのにも役立ちます。

中身がこぼれないように、上記のような内側からカードを入れるタイプがおすすめです。



付箋として。
よく使うページの目印に使ってます。

紙製よりも丈夫なので、目印代わりにはこれがおすすめ。

書きこむときは紙製の付箋を使うなど使い分けると便利。



手帳に書いたことは場合によっては長く保存する可能性があるので、

手帳に使うペンは油性のボールペンがおすすめです。

油性でありながらなめらかで、種類も豊富なジェットストリームを愛用。



その他の記事

手帳の色分けの仕方とルールと考え方
【目次】 ・手帳の色分けの仕方 ・手帳を色分けすること ・手帳の色分けのルール ・まとめ ・その他の記事 手...
手帳のマンスリーは中央に線を引くと使いやすい
B6のバイブルサイズをはじめとし、多くの手帳は見開きで1か月の予定がわかるマンスリータイプが採用されていますね。 今日はマンスリーリフ...
手帳を書くとき色分けしない理由~色分けのデメリット~
手帳やノートの取り方で、3色ボールペンなどで色分けする方法が有名ですね。 しかしながら、手帳は色分けしない書き方のほうがおすすめです。 ...