家でお店のようなカフェオレの作り方~マキネッタでコーヒーのレシピ~

お店のようなクオリティの食べ物・飲み物を家で作れると、家にいるのが楽しくなるし、節約にもなります。

今日はスタバやカフェで飲むようなカフェオレの作り方を考えます。



1. 家でお店のカフェオレを初めて再現するときの方法


家で手軽にお店のようなカフェオレを再現したい場合、

マキネッタを使ってコーヒーを淹れるのが最も手軽でコスト的にも優しいです。

マキネッタとはコーヒー専用のやかんみたいなものです。

中の構造がちょっと特殊で、コーヒー豆に圧力をかけながらコーヒーを淹れることができます。

そのため、

マキネッタを使うと普通のドリッパーで淹れるよりも濃厚なコーヒーを淹れることができます。


2. 濃いコーヒーを作るには?

コーヒーにはいろいろ種類があります。

「カフェオレ」というのは濃いコーヒーに牛乳を入れたものです。

お店のようなカフェオレを家で再現するポイントは、

コーヒーを濃く淹れること。

しかし普通のドリッパーでコーヒー粉を多めにしても、濃さは限界があります。

コーヒーを濃く出すにはそれ用の器具が必要です。



一般的に、濃いコーヒーを作る器具はエスプレッソメーカーです。

コーヒー粉に圧力をかけて、濃いコーヒーを抽出します。

しかしエスプレッソメーカーは電気式で高額になるし、大きいので場所もとります。

そのため初心者にはエスプレッソメーカーはちょっとハードルが高い。



そこで登場するのがマキネッタ。

マキネッタはエスプレッソメーカーほどの圧力は出せないものの、コンロに火をかけて使うので小型で、値段も手が出しやすいです。


3. カフェオレのためのコーヒー豆の選び方

おいしいコーヒーを淹れようと思ったら、やはりインスタントコーヒーではなくレギュラーコーヒーがいいでしょう。

コーヒー豆にはいろいろ種類があります。

カフェオレは牛乳を入れるわけですから、ミルクと相性がいい豆を選びたいです。

一般的に、

ミルクと相性がいいのは深煎りのコーヒー豆です。

深煎りのコーヒー豆とは、要するに苦味が強い豆のことです。

マキネッタは豆を細かく挽いた状態で使います。

そのためコーヒー豆をお店などで「細挽き」あるいは「極細挽き」などで挽いてもらいます。

深煎りのコーヒー豆を使ってマキネッタでコーヒーを淹れ、そこにミルクをコーヒーと1:1くらいの割合で入れるとかなりお店の味に近いカフェオレができます。


4. まとめ

お店のようなクオリティの食べ物・飲み物を家で作れると、家にいるのが楽しくなるし、節約にもなります。

スタバやおしゃれなカフェで飲むようなカフェオレを家で再現できたら気分も上がりますよね。

お店で飲むカフェオレと家で淹れるコーヒーの違いは何か?

家でそれっぽくカフェオレを再現するときのポイントはコーヒーの濃さです。

苦味が強いコーヒー豆(深煎り)で濃くコーヒーを淹れることでお店のカフェオレにぐっと近づきます。

濃いコーヒーを淹れるには単純に豆をたくさん使えばいいかというとそれでは限界があります。

コーヒーを濃く出すにはそれ用の器具が必要です。

初心者にはコスパがよく小型で場所もとらないマキネッタがおすすめです。

マキネッタは外国では家庭によくあるようなコーヒー用のやかんのようなもの。

コンロで火をかけて使います。

マキネッタは中の構造がちょっと特殊で、コーヒー豆に圧力をかけながらコーヒーを抽出できます。

そのため濃いコーヒーが出せるわけです。


5. その他の記事

インスタントコーヒーとドリップコーヒーの違い

コーヒー豆の焙煎度の違い 深煎りや浅煎りはどう違うのか?

【初心者向け】一番簡単なコーヒーの淹れ方


6. 参考資料