ラテとか甘くして飲むコーヒーに合うコーヒー豆

コーヒーが好きなのですが、ブラックではあまり飲みません。
キャラメルラテとかスタバのフラペチーノとかが好きです。
甘い飲み物ってほっとしますよね。

「それはコーヒー好きとは言わない」

と本物がわかるコーヒー好きの人には言われそうですが。

個人的にはコーヒーが好きな方だと自負しているわけです。

ただし、別に「違いがわかる人」ではありません。生まれ持っての味音痴なので。
ただのコーヒー好きの初心者といったところでしょう。


コーヒー豆


さてさて、いちおコーヒー好きということで、コーヒーはインスタントではなくドリップして飲んでいるわけです。

基本はコーヒー屋さんとかで豆を買って挽いてもらって、
家でドリッパーとかコーヒーメーカーで淹れて飲んでいます。

先ほど書いた通り、甘いコーヒーが好きなので、
ミルクや砂糖を入れて飲んでおります。

そこで思うのが、
ミルクや砂糖に合うコーヒー豆ってなんだろう?

コーヒー豆も千差万別なので、合う合わないがきっとあるはず。


甘いのに合うコーヒー


甘いのに合うコーヒーってどんなコーヒーでしょう?

コーヒー豆を買う時に、いろんなお店の店員さんに聞いてみました。

みんな口をそろえて言うのが、
甘くしたりミルクを入れるなら、苦味のあるコーヒーを。


甘みと苦み


コーヒーの味というのはおおざっぱに言うと酸味苦味のバランス。

酸味と苦味のバランスがコーヒーの味を決めます。

コーヒー初心者にとって、苦味はイメージできますが、酸味はわかるようなわからないような・・・

酸味って酢とかしか想像できない(味音痴)

まあ、いずれにせよ、豆によって酸味と苦味のバランスが異なるのです。

そして、ミルクや砂糖をいれて甘くして飲むのに相性がいいのは苦味が強いコーヒー。
甘くして飲むなら酸味より苦味が前面にきているコーヒー豆の方が相性がいいです。


苦味の豆


甘くして飲むなら、酸味より苦味のあるコーヒーが合います。

では苦味が強いコーヒーはどんなコーヒーでしょう。

そのコーヒーの酸味と苦味のバランスはもちろんどのコーヒー豆を使ったかで決まります。

コーヒー豆の酸味と苦味は焙煎度で決まります。

焙煎度とは、コーヒー豆をどれだけ煎ったかということです。

コーヒー豆は収穫されたあと、煎ることで普段私達が目にするコーヒー豆になります。

少しだけ煎ると浅煎り
普通くらいだと中煎り
たくさん煎ると深煎り

浅煎りほど酸味が主張され、
深煎りほど苦味が主張されます。

つまり深煎りのコーヒー豆ほど苦味があり、ミルクや砂糖と相性がいいのです。


まとめ


ということで、
砂糖やミルクを入れて甘くして飲むなら、深煎りのコーヒー豆を使うのが相性がいいです。

例えばスターバックスで買えるコーヒー豆だとエスプレッソローストがこれにあたります。