初心者におすすめのコーヒードリッパーと選び方




初心者におすすめのコーヒードリッパー

コーヒー初心者なので、ドリッパーについて調べます。

インスタントではなくレギュラーコーヒーを飲みたい。

コーヒーを飲むとき一番簡単で手軽な方法はドリッパーを使う方法でしょう。

ドリッパーもいろいろ種類があってどれがいいのやら。

個人的には、こういった
1つ穴の台形の形のドリッパーがおすすめです。


コーヒードリッパーの選び方

コーヒーの淹れ方はいろいろあります。

そんな中で最も手軽な方法はドリッパーを使う方法でしょう。

ドリッパーにペーパーフィルターを敷き、コーヒーの粉を入れます。
お湯を注いで下から落ちてきたコーヒーをカップにためる。

コーヒーかすはペーパーフィルターごと捨てることができるので後片付けも楽です。

そんなドリッパーはいろいろ種類がありどれがいいのか。

まず、ドリッパーにはいろいろな形がありますが、
形は台形の物がいいと思います。

なぜなら、台形のペーパーフィルターが一番手に入りやすいから。
100円ショップでも手に入る手軽さ。

そして、ドリッパーの底の穴は1つだったり3つだったり大きな穴だったり小さな穴だったり。

ドリッパーの穴は小さな1つ穴がおすすめです。

なぜなら、
穴が大きかったり複数あると、そのぶんお湯がコップに流れる速度が早くなり、コーヒーをおいしく均一に淹れるのにテクニックが必要になるから。

このように考えると、
(自分自身も含めて)コーヒーの初心者には台形の1つ穴のドリッパーが一番使いやすいなという結論になるわけです。


ドリッパーのブランド(メーカー)

コーヒードリッパーというか、コーヒー器具のメーカーはいろいろありますが、
有名なものに「カリタ」「メリタ」があります。

このうち、
台形で1つ穴のドリッパーは「メリタ」です。

いわゆる「メリタ式」です。



主な物としては、

1~2杯用と、


2~3杯用があります。

サイズはお好みでいいと思います。

個人的には3~4杯用でいいと思います。
値段もそんなに変わらないですし、安易ですが「大は小を兼ねる」ということで。


まとめ

コーヒーを飲むとき一番簡単で手軽な方法はドリッパーを使う方法が考えられます。

個人的には、
1つ穴の台形の形で2~3杯用のドリッパーがおすすめです。

台形なのはペーパーフィルターが安くで手に入りやすいから。

1つ穴なのは、
穴が大きかったり複数あると、そのぶんお湯がコップに流れる速度が早くなり、コーヒーをおいしく均一に淹れるのにテクニックが必要になるからです。



その他の記事

お店のようなクオリティの食べ物・飲み物を家で作れると、家にいるのが楽しくなるし、節約にもなります。 今日はスタバやカフェで飲むようなカ...
コーヒー豆の違いを表す要因のひとつに焙煎度があります。 焙煎度とはコーヒー豆をどれだけ煎ったかということです。 私達が普段目にす...
一番簡単なコーヒーの淹れ方 インスタントコーヒーもおいしいけれど、 たまにはドリップコーヒーを家で飲んでみようかな。...
ドリップコーヒーを飲むときに一番手軽な方法はドリッパーを使う方法です。 ドリッパーはお湯を注いでコーヒー粉からコーヒーを出すための器具です...
インスタントコーヒーはお湯に直接溶かして飲みますね。 それに対し、レギュラーコーヒーはコーヒー粉からコーヒーの成分を濾すかたちで淹れます。...
【目次】 ・初心者におすすめな電動コーヒーミル ・電動コーヒーミルの種類 ・初心者向けの臼式の電動ミル ・まとめ ・その他...



参考資料