インスタントコーヒーとドリップコーヒーの違い

インスタントコーヒーとドリップコーヒーの違いについて。
普段から飲んでいる人は、違いなんて簡単じゃんと思うかもしれませんね。

けれど普段コーヒーを飲まない。
インスタントしか飲んだことない。
2つの違いってよくわからないですよね。

今日はコーヒー、インスタントとドリップについてです。


そもそもコーヒーって?


コーヒーはコーヒー豆からできます。
コーヒー豆は木の実で、この木の実を煎ることであの茶色いコーヒー豆ができます。
このコーヒー豆を粉々にしたのがコーヒー粉

もっと詳しく:コーヒー豆の焙煎度の違い 深煎りや浅煎りはどう違うのか?

このコーヒー粉からどのようにコーヒーを手に入れるか(?)がポイントになるわけです。


ドリップコーヒーとは


ドリップコーヒーとはレギュラーコーヒーとも言われます。

ドリップコーヒーとはその名の通りドリップするわけです。
コーヒー粉にお湯を入れ、濾過するかたちでコーヒーを取りだします。
濾過するわけですから、当然カスが残ります。

ドリップコーヒーの淹れ方で一番オーソドックスなのがペーパードリップ
使い捨ての濾紙にコーヒー粉を入れ、上からお湯を淹れて濾過していく方法です。

この濾紙をペーパーフィルターと言って、使い捨てなのでゴミは出ますが一番気軽で手間のかからない方法です。


インスタントコーヒーとは


ドリップコーヒー、あるいはレギュラーコーヒーと対をなすのがインスタントコーヒー。
インスタントは文字通り即席。
ドリップコーヒーよりさらに手軽にコーヒーを飲む方法です。

インスタントコーヒーはコーヒー粉から抽出したコーヒーを乾燥させ、粉末にしたものです。
そのためお湯に溶けるのでコーヒーカスはありません。
お湯に入れて混ぜればできあがり。


味の違い


インスタントとドリップの淹れ方や性質の違いは上記の通り。

では、味はどうでしょう?
一般的にドリップコーヒーのほうがインスタントよりおいしいとされます。

これは当然と言えば当然で、
インスタントコーヒーは一回抽出したコーヒーを乾燥させているわけですから、風味が劣るわけですね。

イメージとしては、インスタントコーヒーは苦いかどうかといった一辺倒な味わい。
けれどドリップコーヒーは苦いか苦くないかだけでは表現できない口当たりとか風味とかがあるわけです。

もちろん、物にもよりますし個人の感じ方にもよりますけどね。


淹れ方を楽しめるドリップコーヒー


また、インスタントコーヒーはお湯に混ぜるという淹れ方ですが、
ドリップコーヒーは淹れ方が実に様々。

同じコーヒー豆でも淹れ方によって味は変わりますし、その変化を楽しめるのもドリップコーヒーのいいところです。


まとめ


ドリップコーヒーのほうがいろいろな楽しみ方ができますが、
だからインスタントが劣っているというわけでもありません。

コーヒーは好きになるとけっこう頻繁に飲むものなので、手軽に飲めるインスタントコーヒーの存在って大きいですよね。

それに、どちらかだけ飲み慣れるよりは、どちらの違いも楽しみながら使い分けた方が結果コーヒーを楽しむことができるでしょう。






その他の記事

ラテとか甘くして飲むコーヒーに合うコーヒー豆

自炊に役立つ最小限の調理器具

ミニマリストがそれでもストックしたい厳選した物