IPアドレスで個人の住所はわからない。という話

IPアドレスとはネットワークににつながった機械一つ一つに割り振られる番号のようなものです。

インターネットにおいて、どの端末がアクセスしているのかわからなければメールをしたりネットショッピングをしたりコンテンツをダウンロードしたりできませんよね。

IPアドレスはインターネットにおいて、その端末の住所のような役割をしています。

「IPアドレスで個人が特定される」と心配する人もいるので、今日はIPアドレスについてです。


IPアドレス自体の確認は容易


IPアドレスは簡単に確認することができます。
例えば「確認くん」というサイトを使えば自分のIPアドレスを知ることができます。

外部リンク:確認くん

IPアドレスは基本的に公開情報なので、第三者が知ることも可能です。

IPアドレスは第三者も簡単に知ることができる。
ここで重要なのがIPアドレスから個人情報はどのくらいわかるのか?ということです。


IPアドレスで個人を特定することはできない


インターネットを利用する上である程度は他者の情報がないと万が一の犯罪のときに操作が大変。
そんなこんなでIPアドレスはインターネットにおける公開情報のひとつなのですが、当然みんながわかるIPアドレスで個人まで特定されたら困りますよね。

もちろんIPアドレスで個人を特定することはできません。


プロバイダが防波堤


インターネットをつなぐには、インターネットの会社が必要ですね。
ビッグローブとかフレッツとか。
これらはプロバイダと呼ばれます。

IPアドレスから第三者が調べてわかるのは、そのIPアドレスがどのプロバイダかというところまで。

それ以上の個人情報は、きちんとした理由(事件が起こった時など)があるときにきちんとした機関(警察など)が手順を踏まないとプロバイダは情報開示しません。


ネットで検索すると都道府県が出てくるけどこれって?


しかしながら「IPアドレス 住所特定」などで検索すると、それらしいサイトが出てきますね。

これってどういうことなのでしょう?

実際に検索してみるとわかるのですが、IPアドレスの住所特定サイトで出てくるのはざっくりとした都道府県や市町村くらい。しかも間違っていることもあります。

これらは、
IPアドレスからプロバイダを推測
  ↓
プロバイダが管理しているインターネットを整備するための機器の場所を推測
  ↓
その機器周辺を表示

といった感じなのです。

この技術自体は別にやましい物ではなく、普通に公開されている技術です。

この技術があるおかげで、例えばインターネットラジオなどその地域に合わせたサービス作れるわけです。

上記のように、この技術でわかるのはプロバイダが設置した機器を手がかりにしたざっくりとした位置のみ。個人の住所を特定することはできません。


おわりに


「あなたのIPアドレスを特定しました。請求額をお支払ください」などといった詐欺サイトが一時期流行りましたね。

IPアドレスで個人を特定することはできません。

正しい知識を身につけ、詐欺にあわないように気をつけていきましょう。






その他の記事

IPアドレスとは  IPv4とIPv6の違い

IPアドレスを入れてもうまく除外できないときの対処法(Google Analytics)