人と接するときに気をつけること、人の許し方




1. 人と接するときに気をつけていること

人生を楽しく生きるためには、人をけなしたり馬鹿にしたりといった行為をできるだけ自分から遠ざけることが必要だったりします。

そのためには、人の許し方を知ることはけっこう重要です。

人と接するときに気をつけていることがあります。

人と接するとき、「この人にもしも子供がいたとして、その子供が『お母さん(お父さん)、すごいなあ』と思えるような接し方をする」ということを心がけています。


2. 相手を思いやる

人間は感情の生き物なので、ついつい他人を傷つけたり、馬鹿にしたり、邪険に扱ったりしてしまいます。
そのたびに自分が嫌になったり、罪悪感を感じることがあります。

だから、相手を思いやることを心がけようと思います。
相手を思いやるとは具体的にどうすればいいのかと考えます。

そして、1つのイメージとして、
「この人にもしも子供がいたとして、その子供が『お母さん(お父さん)、すごいなあ』と思えるような接し方をする」
というものにいきつきます。


3. 家族のために仕事を頑張っているというイメージ

例えば目の前の人に家庭があって、家族のために仕事を頑張っている。
家族を守るために仕事では本当はしたくないことをしたり肩に力を入れている。
そんなことを想像すると、それを想像しなかったときよりその人のことが憎めなくなります。

「自分にとってはあまり好きな人じゃないけれど、この人も家庭のために一生懸命なんだ」と思えた方が、人と接するときにいくぶん心がポジティブでいられます。

また、そんなふうに想像すると自然と相手に敬意を持って接することができます。


4. まとめ

人生の中で、「人をいかにして許していくか」というのはけっこう重要なスキルだと思います。

人はそれぞれ違っていて、どうしたって「自分が理解できない人」とか「あんまり好きではない人」って存在が出てきます。
平たく言うと「嫌いな人」です。

嫌いな人に心や時間を割くのは自分の人生にとってけっこう無駄な時間で、それよりはどこかで折り合いをつける方がいい。

相手を許す、許せる方法として、「この人に家族がいたら~」という妄想はけっこう有効だったりします。


5. その他の記事

悪口・陰口を言われた・聞いた時の心の保ち方

腹が立った時や人を許すことに関する教訓6選

自分に自信を持つ方法