頭がいい人ほど頭悪くみせると得をする。頭が悪い人は、

頭が悪い人は他人に頭が良いと思われた方が得で、
頭が良い人は他人に頭が悪いと思われた方が得だったりします。



1. 「話を聞いてもらえる」って重要

人間は感情の生き物で、相手がどんな人間かで対応が変わったりします。

目の前の人間が「頭が良い人」だと思うと話に耳を傾けて、「頭が悪い人」と思うと門前払いにする人がいます。

「頭が良い」と他者に思ってもらえることで、話を聞いてもらえる機会ってのが増えます。

「話を聞いてもらえる」っていうのは、「理解しようと努めてくれる」とか、「肯定的に聞いてくれる」ってことです。


2. 能ある鷹は爪を隠す

じゃあ誰でも「頭が良い」と思ってもらった方が得かというとそうでもない。
本当に「頭が良い」人はちょっと「頭悪い」くらいに思われてた方が得だったりします。

「頭が良い」ってのは場合によっては「何か裏がある」って思われることがあります。
要するに、「この人は頭が良いから自分にはわからない何か裏の考えがある」と思われるってこと。

これって時と場合によっては相手に信用されない要因になってしまう。

本当に頭が良い人は、その頭の良さを勘付かれるよりは「ちょっと頭悪い」くらいに振る舞った方が相手がすっと信用してくれたりします。能ある鷹は爪を隠すと言うやつです。


3. 頭が良く見える話し方

そんな感じで、頭が良い印象・悪い印象ってのはコミュニケーションに少なからず影響するのかなあと。

で、頭を良く見せるにはどうすればいいか?
「頭の良さ」の1つに、「相手の話をきちんと聞いた上で的確に返答できる」というのがあります。

要するに、
・相手の話を聞かない。
・自分の話ばっかりする。
・要点をつかんでいない。
話し方ってのは馬鹿に見えてしまうってことです。

さらに、話す上で専門用語とか片仮名言葉を使いすぎる人も頭悪く見える。

的確に返答するっていうのは、簡単な言葉で簡潔に言えるってこと。


4. まとめ

頭が悪い人は他人に頭が良いと思われた方が得で、
頭が良い人は他人に頭が悪いと思われた方が得だったりします。

頭が良いと思われることで、人に話を肯定的に聞いてもらえる機会が増えます。

一方で、頭が良すぎると思われることで「この人は何か裏があるのでは」と無駄に構えられることがあります。

いずれにせよ、印象というのは使いようということでしょうか。


5. その他の記事

「いつも『時間がない』あなたに」を読んで学んだこと

「予想どおりに不合理」を読んで学んだことの要約とまとめ

部下が報告しないのは、上司が報告しないから。