暗記しておきたい厳選ショートカットキー一覧

ショートカットーキーとはパソコンにおいて特定のキーを組み合わせることで特定の動作を起こさせる機能です。

ショートカットキーを使うとマウスで該当のメニューをクリックするよりも速く操作ができ、作業の効率化につながります。

今日はよく使うであろう主なショートカットキーをまとめます。


全般的なショートカットキー


ワードやエクセルだけでなく、全般的にいろいろなソフトに使えるショートカットキーです。


Ctrl + S
上書き保存。セーブのSですね。

Ctrl + P
印刷画面を開きます。プリントのPです。

Ctrl + C
コピー。コピーのCです。

Ctrl + X
切り取りです。コピーと使い分けると便利。

Ctrl + V
貼りつけ。貼りつけ(ペースト)は英語でPですが、すでにプリントで使っているのでVです。

Ctrl + Z
前の作業に戻るです。やり直したいときに便利ですね。

Ctrl + A
全て選択。デスクトップならファイルを。エクセルなら全てのセルを選択します。


Windowsで便利


Windowsのパソコンで便利なショートカットキー。


Alt + Tab
アプリケーションの切り替え

Windowsキー + M
全て最小化。Windowsキーとはキーボード左下にあるWindowsのロゴのキーです。

Ctrl + Shift + N
フォルダの新規作成

(ファイルをクリックして)F2
ファイル名変更。F2は上のほうにあるファンションキー。地味に便利。


エクセルで便利


エクセルで知ってると作業がはかどるショートカットキー。


Ctrl + B
太字にする。もう一度押すと解除できます。

Ctrl + 5
訂正線をひく。もう一度押すと解除できます。

Ctrl + 1
セルの書式設定。これが何気に一番便利かも。

Ctrl +Alt + V を押してもう一回 V
値のみ貼りつけ。値を貼りつけたいけれど、セルの書式設定はそのままにしたい。そういうときに便利です。


最後に


ショートカットキーは様々ありますが、上記のものは暗記しておいても損はないかと思います。



その他の記事

パソコンで困ったときの対処法

インターネットで正しい情報を得る方法

勉強や仕事を始める前に、一番最初に身につけておいた方が良いスキル