サービス残業をしたくない

終身雇用制度がおぼつかない昨今。
働き方の価値観も変わっていっているようです。

仕事はできれば定時に帰りたい。
仕事だけでなくプライベートな時間も大切にしたい。

そう思う人は増えているのではないでしょうか。

残業代が出るならまだしも、
残業代も出ないサービス残業はできればしたくない。
そう思う人は少なくないでしょう。


サービス残業は違法行為


まず原則として、サービス残業は違法行為です。

労働には必ず対価が発生し、それを支払わないという行為は違法です。
残業代が発生する残業すら国の法律では上限があります。
残業代の出ないサービス残業は論外です。

会社の強制によってサービス残業をしているなら、
サービス残業を拒否することで不当な扱いを受けたなら、
それは会社が違法行為をしているということです。

まずはその自覚をはっきり持つことです。

「自分は要領が悪いから」と、「サービス残業=仕方ない」という思考に陥る人がいます。
しかしそれは違います。

会社の意思でサービス残業をさせられることは、違法なのです。
あなたには、サービス残業をしない権利があります。


日本の法律では、サービス残業はしてはいけない


もしもあなたの会社で、「今日から人を殺しても会社は許す」という社則ができたらどうしましょう?
あなたは従いますか?

従いたくありませんよね。
ルールで殺していいからといえど、したくない。

それに、
会社が許しても、日本の法律が許すわけありませんよね。

サービス残業も一緒です。
あなたの上司や周りの人は、いろいろなことを言ってサービス残業を肯定するかもしれません。

でもそれは関係ありません。
あなたの会社が決めたことより、日本の法律のほうが強いし優先されるのです。

日本の法律では、サービス残業はしてはいけないことになっています。


サービス残業を本当はしたくないなら選択肢は2つ


だからあなたはサービス残業はしなくていいのです。

あなたが今、サービスサービス残業をしていて、サービス残業を本当はしたくないなら選択肢は2つです。

一つはサービス残業のない会社に転職をする。
もう一つは今の会社でサービス残業をやめる。

転職をするほどの意思が固まってないなら、
まずは今の会社でサービス残業をやめてみましょう。

今の会社のでサービス残業をやめることは、
違法行為でもなんでもありません。


そんなの無理?


今の会社でサービス残業をやめる。

そんなの無理?
周りに何を言われるかわからない?
定時で帰ると周りの目が怖い?

確かに。

そうかもしれません。

あんたの部署には、定時で帰っている人はいますか?

世の中には、サービス残業が存在する会社でも定時で帰っている人がいます。

そういう人達は、どんな気持ちで定時で帰っていると思いますか?


はじめから強いわけではない


みんなが残業しているのに、自分だけ定時で帰るなんてできない。

自分には、
定時退社で人より結果を残せるほどのスキルもない。
定時退社でも嫌われないようなコミュ力もない。
第一、そんな勇気もない。

あなたはそう思うかもしれません。

世の中には、サービス残業が存在する会社でも定時で帰っている人がいます。
そういう人達は、どんな気持ちでしょう?
能力があって、コミュニケーションスキルが高くて、強くて、自信に充ち溢れているのでしょうか?

違います。

定時退社をしている人は、楽に定時退社をしているのではありません。

サービス残業をしたほうが無難なことは百も承知。
残業せず帰ることにすごく勇気が必要で、内心、怖くて震えることだってあるのです。
けれどそれでも、勇気をもって定時退社しています。

サービス残業をしない人だって、はじめから強いわけではないのです。
サービス残業をすることが、自分のためにも家族のためにも、良くないことだとわかるから、勇気を振り絞って毎日戦っているのです。

これは何を意味するのか?
だからあなたにもできるということです。

サービス残業は違法行為です。
あなたは定時で帰る権利があります。
それが労働契約です。

あなたの環境は、必ずしも定時退社をニコニコで周囲が見送ってくれる職場ではないかもしれません。

あなたは自分が定時退社できるほど図太い神経じゃないと思うかもしれません。

けれど、あなたと同じような状況でも、定時で帰っている人は、この日本に少なからずいます。

もしもあなたがサービス残業をしたくないなら、一歩踏み出してもいいのかもしれません。



<その他の記事>

定時で帰るための理由や言い訳一覧

残業回避するための工夫