STINGER8 タグを個別記事の先頭にも表示する|WordPressテーマのカスタマイズ



タグを文頭に表示する

ワードプレスのテーマである「STINGER8」において、タグを個別投稿の文頭にも表示したい場合、「single.php」へコードをコピペする方法が簡単かと思います。



タグを先頭にも表示する理由

個人的には、カテゴリーやタグは文頭にも文末にも表示されている方が使い勝手がいいのではと考えます。

一般的に、その記事のカテゴリーやタグは文末に表示されていることが多いです。

これはおそらく、まずはその記事を読んでもらい、最後に関連したカテゴリーやタグが目に入ることで、さらに追加で記事を読んでもらうという導線を意識しているからでしょう。

これはこれでいいのですが一方で、実際に記事を開いて、記事それ自体にあまり興味がわかなくても、関連するタグやカテゴリーについては覗いてみたいときもあるかもしれません。

というか、自分で自分の記事を見返すときに、文頭にタグやカテゴリーのリンクがあったほうが便利だと思います。



タグを文頭に表示させる手順

実際のコード

<!- タグを文頭に表示するコード↓↓ ->
						<p class="tagst">
							<?php the_tags( '<i class="fa fa-tags"></i>-', ', ' ); ?>
						</p>
					<!- ここまでがタグを文頭に表示するコード↑↑ ->

投稿に関するファイルである「single.php」を編集します(テーマの編集に関しては小テーマの使用をおすすめします)。

「single.php」を覗いてみると「//カテゴリ表示ここまで」と書かれた、文頭にカテゴリー表示をするコードがあります。

このあとに、上記を追記します。


解説

やっていることとしては、
タグを文末に表示させているコードをコピーしてそのまま文頭の位置にも貼り付けているだけです。

そのためフォントサイズやデザインは、元々のSTINGER8のタグデザインに準じます。

すでにタグ表示のデザインをカスタイマイズしている人は、そのデザインになるかもしれません。