STINGER8 コピーライト(Copyright)の表記を変更する

WordPressのテーマであるSTINGER8(スティンガー8)のカスタマイズをします。

今回はコピーライトの表記の仕方を変更したいと思います。


コピーライトについて


そもそもコピーライトを表記しなくても物ができた時点で著作権は発生します。

そのためコピーライト表記はなくてもかまわないのですね。
しかし念のためというか、コピーライトを表記しているサイトは多いです。

このあたりのいきさつやコピーライトについては下記を参考にしました。

外部リンク:年号と©マークと何が必要?Copyright(コピーライト)表記の正しい書き方

上記サイトを参考に、コピーライトの必要十分な表記は、

© 発行年 著作権者名(本人やサイト名など)

となります。


STINGER8のコピーライト表記


STINGER8のコピーライト表記はデフォルトでは、

Copyright© サイト名 今の西暦 All Rights Reserved.

となっています。

そのため、デフォルトの
「Copyright」と「All Rights Reserved.」を消し、
更新年より発行年の方が個人的には大切だと思うので、
今の西暦を消して発行年、つまり任意の西暦を表示できるようにしたいと思います。


作業概要


作業の流れは以下の通りです。

手順
1.「footer.php」を子テーマに作成
2.「footer.php」にてデフォルトのコピーライト表示を削除
3.新しいコピーライト表記を追加



1.「footer.php」を子テーマに作成


コピーライトに関する表記はSTINGER8の場合「footer.php」に記述されています。

STINGER8は子テーマ自体は公式サイトからダウンロードできますが、
「footer.php」は初期状態では子テーマの中にありませんので作る必要があります。

各自、FTPソフトやサーバーのサービスを使って、親テーマの「footer.php」を子テーマにコピペします。


2.「footer.php」にてデフォルトのコピーライト表示を削除


子テーマに「footer.php」が準備できたら、
WordPressの「外観」→「テーマの編集」にて、テーマフッター(footer.php)を開きます。

<p class="copy">Copyright&copy;
		<?php bloginfo( 'name' ); ?>
		,
		<?php echo date( 'Y' ); ?>
		All Rights Reserved.</p>

がコピーライトに関する記述になります。

ここ消してしまえばデフォルトのコピーライトはなくすことができるのですが、
個人的に、元に戻したくなったときに記述がないと面倒なので、
コメントアウトして非表示にしたいと思います。


コメントアウトの記述を追加して、下記のようにします。

<?php /* ?>デフォルトのコピーライト非表示
	<p class="copy">Copyright&copy;
		<?php bloginfo( 'name' ); ?>
		,
		<?php echo date( 'Y' ); ?>
		All Rights Reserved.</p>
<?php */ ?>

これでコードを残しつつ、デフォルトのコピーライト表記を非表示にできました。


3.新しいコピーライト表記を追加


続いて、新しいコピーライト表記を追加します。

コピーライトの記号である©マークは
&copy;と記述しますので、

<p class="copy">&copy;2017
		<?php bloginfo( 'name' ); ?>
		</p>

をコメントアウトしたコードのすぐ下に書きます。
上記の2017の部分を、各々のサイトの発行年に書き換えます。

すると、© 発行年 サイト名 の表記になります。