あなたは婚活をどのくらい頑張らないといけないのか?

結婚というのは人生の大きなイベントの一つです。
「婚活」という言葉があるように、結婚するために積極的に行動している人も少なくはありません。

今日は結婚や婚活について考えます。


初婚年齢


厚生労働省の調査によると、
2012年において初婚年齢は男性30.8歳。女性29.2歳となってます。

さらに「何歳くらいで結婚したいか?」という意識調査においては、
2010年において男性30.4歳、女性28.4歳が平均でした。

つまり平均としては、日本人は自分が結婚したいと思う時期に結婚できていると言えます。

もしもあなたが30歳前後で結婚したいと思っているなら割と平均的な考えで、それは達成される可能性も高いかもしれません。

逆に、もしもあなたが20代半ばで結婚したいと思っているなら、それは平均より出会いに恵まれたり積極的に活動したりする必要があるかもしれません。


付き合った期間


国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、
付き合ってから結婚するまでの交際期間は2015年において平均4.34年だそうです。

先ほどの初婚年齢のデータも合わせて考えると、
平均的な年齢で結婚する人は、将来のパートナーと20代半ばですでに出会って付き合っていると考えられます。

もしもあなたが平均的な期間、パートナーと交際していたいと思うなら20代半ばに結婚を意識した異性と付き合うことが手堅い選択となります。


結婚の条件


結婚するにあたって、パートナーに少なからず求める条件があるものです。

男性の場合、結婚相手の女性に求めるものとして、
・人柄
・家事や育児の能力

について実に9割以上の男性がYESと答えました。

一方、女性の場合、相手の男性に求めるものとして、
・人柄
・経済力
・家事や育児の能力
・仕事への理解

について実に9割以上の女性がYESと答えました。

女性のほうが相手に求める条件は多いようですね。


性経験


未婚者の内、性経験が一度もない人の割合は18~34歳を対象に調査したところ、
男性は42%、女性は44.2%でした。

未婚者の4割は性経験をもったことがないということです。
この割合は近年増加傾向にあるようです。


まとめ


20代半ばに付き合った人と4年前後の歳月をともに過ごし、
その中でパートナーの経済面や家事能力、人柄などを見極める。
そして30歳頃に結婚する。

というのが日本の平均的な結婚パターンのようです。

これよりも遅く、時間をかけて構わないと考える人は人よりゆっくりと恋愛や独身生活を楽しんでもいいのかもしれません。

反対にこれより早く結婚したいと思う人は婚活を少々積極的に行う必要があるかもしれません。

まあ、いずれにせよ平均はあくまで平均。
あまりとらわれ過ぎてもしょうがないのであくまで参考程度になれば。






【引用・参考サイト】
『結婚に関する意識』(厚生労働省)2017年7月15日検索
『第 15 回出生動向基本調査』(国立社会保障・人口問題研究所)2017年7月15日検索