ハルヒ 第8話「笹の葉ラプソディ」のあらすじと解説①

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)第8話「笹の葉ラプソディ」のあらすじと解説です。
「笹の葉ラプソディ」はアニメ2期における第8話です。



「笹の葉ラプソディ」とは?

「涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ」DVD発売店頭用PV(KADOKAWAanime)(YouTube)より引用

涼宮ハルヒの憂鬱のアニメ2期における第8話、「笹の葉ラプソディ」
物語全体や映画に関わる伏線が含まれる非常に重要な回です。

涼宮ハルヒの憂鬱を見る上で「笹の葉ラプソディ」は絶対にはずせない回になります。


第8話「笹の葉ラプソディ」のあらすじ

七夕の日に、みんなで短冊に願い事を書くSOS団。

その後、キョンはみくると3年前の七夕の日にタイムトラベルをする。
そこには3年前、中学生のハルヒが。

ハルヒが校庭に白線で絵文字を書くことを手伝うことになるキョン。

その後、みくるがタイムトラベルの道具をなくしてしまい元の時代に帰れなくなって・・・


第8話「笹の葉ラプソディ」の解説

以下、ネタバレも含みますのでご注意を。

「今日は何の日?」のやりとり

冒頭は、ハルヒがキョンに「今日は何の日か知ってる?」というカラミからスタート。
キョン「お前の誕生日か?」ハルヒ「違うわよ」
からキョンが手当たりしだい誰の誕生日か聞いていく。
そして「ちなみに俺の誕生日は・・・」と自分の誕生日を言おうとするボケ。

このやりとりとはスピンオフ作品である「長門有希ちゃんの消失」でもみられるやりとり。

SOS団の部室で七夕活動

織姫と彦星はどの星か?
地球と織姫・彦星との距離から願い事が叶う年月を計算。

このやりとりもスピンオフ作品である「長門有希ちゃんの消失」でもみられるやりとり。ですがスピンオフでは察しが良いメンバーに答えられてハルヒはいじけてしまいます。

古泉「涼宮さんはああ見えて、常識というものをよく理解しています」

短冊を書く中でのキョンと古泉の会話。

ハルヒは非常識な言動が多い一方で、根底には常識的な面も持ちます。
その常識が、ハルヒに世界を変えるほどの力を持っていながら世界が保たれている理由であると古泉は考えているわけです。

「16年かあ。長いなあ」なぜハルヒはセンチメンタルに?

短冊を書き終えたSOS団。
それまでテンションが高かったハルヒ。
けれどふいに窓の外を見ながら寂しそうに何かを思い出している様子。

16年という歳月は長いこと。
3年前にも願い事をしたけれどこれといって自分の身の回りに変化は起きてないこと。
そんないろいろな考えがハルヒの頭の中に。

先述の通り、ハルヒは常識的な側面もあります。
全てにおいて楽天的ではなく、「結局私は平凡な存在なのかもしれない」という葛藤が心の奥底にあることがうかがえます。

みくると長門の短冊

みくると長門はそれぞれのタイミングでこっそりキョンに短冊を渡す。

みくるは部活が終わったあとに相談ごとの件。
長門の短冊の内容はキョンだけ見える角度で視聴者にはわからず。

「笹の葉ラプソディ」ではみくるが未来人としての力をキョンに初体験させます。

タイムトラベル直前、キョンにみくるが「ごめんね」と言ったのはタイムトラベルの方法を見せないように不本意ながらキョンを眠らせたから。

みくるとキョンのタイムトラベル。映画に関わる重要シーン。

タイムトラベル後、みくるは眠ってしまい大人版朝比奈さん登場。

みくるが眠ったのは未来の自分(大人版朝比奈)と会うことで過去と未来に矛盾が生じないようにするため。

大人版朝比奈さんがキョンに最低限の指示だけで去って行ったのは他にやることがあったから。大人版朝比奈さんがキョンと別れた後に何をしたのかは映画「涼宮ハルヒの消失」で明らかに。

3年前の七夕へ

以後の解説は次の記事へ続きます。

ハルヒ 第8話「笹の葉ラプソディ」のあらすじと解説②
涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)第8話「笹の葉ラプソディ」のあらすじと解説の続きです。 前回の記事は以下をご参照。 以下、「笹...