「鋼の錬金術師」1期と2期のホムンクルスの違い




「鋼の錬金術師」1期と2期のホムンクルスの違い

「鋼の錬金術師」は漫画が原作の作品であり、アニメは1期と2期があります。

1期はアニメオリジナル展開。
2期は原作に忠実な展開。

なので1期と2期は関連性のない独立した話になっています。

そんな「ハガレン」の1期と2期で最も異なる点の1つがホムンクルスの設定ではないでしょうか。

1期のホムンクルスは、人体練成に失敗したときにできた生き物(?)に賢者の石を与えてできたものです。

なので1期のホムンクルスはいずれもベースとなった人間がいるわけです。

2期のホムンクルスは、ラスボスである「お父様(フラスコの中の小人)」から切り離された「7つの欲」とされています。

以下、1期と2期、それぞれのホムンクルスの違いを。


それぞれのホムンクルスの違い

ラスト

「色欲」の名を冠するホムンクルス。

その名にふさわしく、1期・2期ともにグラマラスな女性のデザインでこの点は共通です。
見た目や能力も1期と2期でほぼ一緒。

1期では、スカーの兄の恋人がベースとなっています。

ラストの最も違う点はその性格なのではないでしょうか。

1期のラストは「人間になりたい」という思いが強く、それ故にエルリック兄弟に一時的に味方をしたり、その思いから生みの親に反旗を翻し最終的に命を落としてしまいます。

グラトニー

「暴食」の名を冠するホムンクルス。

こちらもデザインは共通。

1期ではベースとなる人物は不明。賢者の石を生成するために作られました。

2期では「真理の扉」を作るために作られました。(結果としては失敗し「疑似」になりましたが。)

エンヴィー

「嫉妬」の名を冠するホムンクルス。

こちらもデザインは共通。
2期の方がやや子供っぽい?

1期ではホーエンハイムとダンテの息子がベース。

変身能力は共通ですが、1期が人間の姿での格闘戦が主なのに対し、2期では巨大な怪物になって戦うことが多いです。

それに伴い、1期の方が格闘能力が高い描写が多いです。

グリード

「強欲」の名を冠するホムンクルス。

1期ではダンテに恋心を抱いていた人間がベース。
2期ではリンと共存しますね。

身体硬化能力は共通。

ラース

「憤怒」の名を冠するホムンクルス。

1期ではイズミの子供がベース。
さらにエドの手足を持っていて錬金術が使えます。

2期ではキング・ブラッドレイの正体という位置づけ。
人間ベースのホムンクルス。


スロウス

「怠惰」の名を冠するホムンクルス。

1期ではエドとアルの母親であるトリシャがベース。

2期では怠惰な大男。

プライド

「傲慢」の名を冠するホムンクルス。

1期ではキング・ブラッドレイの正体という位置づけ。
2期ではセリム・ブラッドレイの正体という位置づけ。


まとめ

以上のように1期と2期で大なり小なり設定が異なるホムンクルス。

キング・ブラッドレイが1期では「プライド」、2期では「ラース」になっている点がややこしいですね。

1期と2期ではホムンクルスのメンバーも異なるため、それぞれのパワーバランスというか強さも微妙に違っています。


その他の記事

アニメ「鋼の錬金術師」1期の見どころ解説

キング・ブラッドレイはなぜ再生しないのか?【ハガレン解説】

鋼の錬金術師を初めてアニメで観るときの順番