ラース(ハガレン) 1期と2期の違い|鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

アニメ「鋼の錬金術師」について一部ネタバレも含みますのでご了承ください。




ラースの1期と2期の違い

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode42」(Abema TV)より引用

 「憤怒」の名を冠するホムンクルスである「ラース」は、1期ではアニメオリジナルキャラクターが担い、2期ではキング・ブラッドレイを指します。

 アニメオリジナル展開の1期では、イズミの亡くなった子供をベースとした錬金術が使えるホムンクルスというオリジナルキャラクターがラースです。

 原作準拠の2期では、最強の目を持ち歳をとるホムンクルスであるキングブラッドレイがラースです。

 以下、「ラース」の1期と2期の違いを挙げていきます。

 キング・ブラッドレイの1期と2期の違いについては別ページで取り上げます。



解説

設定の違い

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode26」(Abema TV)より引用

 アニメオリジナル展開の1期では、ホムンクルスは「人体錬成で生まれた不完全な人間が賢者の石を取り込むことで生まれる」という設定です。

 1期のラースは、イズミが亡くなった子供を人体錬成し、その子がベースとなります。

 人体錬成に失敗し絶望したイズミは、人体錬成でできた子供を真理の扉に返します。
 真理の扉の中でイズミの子供はエドの手足を手に入れて扉の外に出てきます。

 結果として、ホムンクルスでありながら生身の身体も持ったラースは、錬金術が使える唯一のホムンクルスとなります。

 一方で2期および原作では、ラースはキング・ブラッドレイを指します。

 大総統候補として英才教育を受けられたブラッドレイは、お父様こと「フラスコの中の小人ホムンクルス」の「憤怒」のエネルギーを注入されます。

 強靭な魂を持っていたブラッドレイは賢者の石の中の荒ぶる無数の魂から生き残り、人間ベースのホムンクルスとなります。

 賢者の石を注入されてもなお身体が滅びなかったブラッドレイですが、その過程で魂は1つしか残らなかったため、再生能力のない人間と同じペースで加齢するホムンクルスとなります。


本編での活躍や出番の違い

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode56」(Abema TV)より引用

 1期のラースは子供ベースのホムンクルスであるためか、戦闘能力はそれほど高くありません。
 また母性に対する渇望があり、これが言動のブレとなり結果として自滅するような結末となります。

 一方で、2期のラースことキング・ブラッドレイは敵でありながら一貫した信念とその堂々とした様子が非常にカッコイイです。

 特に終盤、中央司令部へ単身で乗り込むシーンに魅了されたファンも多いのではないでしょうか。


結末の違い

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode61」(Abema TV)より引用

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode61」(Abema TV)より引用

 1期のラースは単身での活躍は乏しいものの、続編の映画にてアルがエドに再会するためのキーパーソンとなります。
 これにて消滅してしまうラースですが、このときは以前より達観した言動で精神的な成長が見られます。

 2期では度重なる戦闘で満身創痍となり、最後はスカーとの戦いで命を落とします。
 死に際のセリフも非常にかっこよく、ハガレン全体の中でも屈指の名言の1つと言えます。



キング・ブラッドレイの1期と2期の違い

【目次】 ・キング・ブラッドレイの1期と2期の違い ・歳をとってみせるホムンクルス ・なぜ再生しないのか? ・まとめ ・そ...



その他の記事

「鋼の錬金術師」とは? 錬金術が発展した世界。 国家錬金術師として天才と言われながらも、亡くなった母を取り戻そうと錬...
「鋼の錬金術師」のOVA アニメ「鋼の錬金術師」には本編では語られなかったOVA作品が数話存在します。 OVAは...



参考資料

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST STORY』(TVアニメ「鋼の錬金術師」公式サイト)2021年7月25日検索