イズミ・カーティス 1期と2期の違い|鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

アニメ「鋼の錬金術師」について一部ネタバレも含みますのでご了承ください。




イズミの1期と2期の違い

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode12」(Abema TV)より引用

 エドとアルの師匠であるイズミは、1期では最終的に死亡し、2期では最終決戦後に日常に戻ります。

 アニメオリジナル展開の1期では、エルリック兄弟の師匠であると同時に、ホムンクルス「ラース」を生み出すきっかけとなった重要人物の一人として描かれます。

 原作準拠の2期では、エルリック兄弟と同様に「人柱」の一人として描かれ、最終決戦でもエド達と共に奮闘します。



解説

設定の違い

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode13」(Abema TV)より引用

 アニメオリジナル展開の1期では、ホムンクルスは「人体錬成で生まれた不完全な人間が賢者の石の不完全品を取り込むことで生まれる」という設定です。

 1期のオリジナルキャラクターであり憤怒のホムンクルス「ラース」は、イズミの亡くなった子供がベースとなっています。

 このため、1期のイズミは2期より自分の罪(人体錬成)を直視する機会が多くあり、酷な演出と言えます。


本編での活躍や出番の違い

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode55」(Abema TV)より引用

 「厳しく怖いが、同時に優しさもある師匠」「人体錬成の代価で虚弱体質」という人物像は1期と2期で共通です。

 しかしラースのことも関係してか、1期のイズミの方が2期より気難しい印象を受けます。
 出番に関して1期は主にラースとの絡みが多く、派手な戦闘での活躍は少ないです。

 一方、2期ではホーエンハイムに体内の循環を改善してもらい、虚弱体質が改善します。
 これにより終盤は吐血がなく全力での戦闘が行えます。

 2期ではアレックス姉弟とスロウス戦で共闘。
 その後もお父様こと「フラスコの中の小人ホムンクルス」との最終決戦にも参加し、その実力を発揮します。


結末の違い

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode62」(Abema TV)より引用

 1期のほうが2期より人体錬成の代価としての臓器喪失がより重度に描かれます。
 これにより1期の続編である映画「シャンバラを征く者」にて、イズミがその後死亡したことが明かされます。

 一方で2期では最終決戦後は特に変わりなく精肉店で日常を送っており、大きな変化はなく終わります。



その他の記事

「鋼の錬金術師」とは? 錬金術が発展した世界。 国家錬金術師として天才と言われながらも、亡くなった母を取り戻そうと錬...
「鋼の錬金術師」のOVA アニメ「鋼の錬金術師」には本編では語られなかったOVA作品が数話存在します。 OVAは...



参考資料

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST STORY』(TVアニメ「鋼の錬金術師」公式サイト)2021年7月25日検索