スピーゲルが真帝国にいる理由がカッコイイ|ゾイドワイルドZERO 第46話 解説

アニメ「ゾイドワイルドZERO」に関する解説ページです。

ネタバレも含みますのでご了承ください。




ドライパンサーのスピーゲル

俺は寒い土地の出でね。
軍に入ればうまい飯が食えると思った。

あんたの軍の食事は、
帝国軍のまずい飯より幾分マシだった。
それだけですよ。

ゾイドワイルドZERO 第46話「氷上の端末争奪戦」(あにてれ)より引用

幾分地味ではありますが、その渋さから好感度はそれなりにありそうなスピーゲル。

第46話ではスピーゲルが真帝国にいる理由が一部語られます。

「寒い土地」、つまり「貧しい家」の生まれであるスピーゲル。

スピーゲルが言う「うまい飯」が、文字通り「食事や待遇」であるとすれば、それは半分本気・半分冗談の言い方にとれますね。

一方で「うまい飯」とは「やりがいのある・大義のある仕事」の比喩であるとも考えられます。

物語の端々でどちらかというと個人主義な側面が見られたスピーゲル。

スピーゲルにとって集団として動く軍の任務は、意に反するというか退屈なものも多かったのかもしれません。

そんな中、良いか悪いかは別として、

「強い帝国」という1つの信念のもとに行動するシーガルやアルドリッジがいる真帝国は、スピーゲルにとって「幾分マシ」な軍だったのでしょう。



第46話のあらすじ

アニメ「ゾイドワイルドZERO」に関するページです。 ネタバレも含みますのでご了承ください。 第46話「氷上の端...



実際のシーン

シーガルとの会話

ゾイドワイルドZERO 第46話「氷上の端末争奪戦」(あにてれ)より引用

ゾイドワイルドZERO 第46話「氷上の端末争奪戦」(あにてれ)より引用

シーガルに飲み物を入れるスピーゲル。

互いの行動理念がわかる地味ですが好きなシーンです。


ドライパンサーVSゼロファントス

ゾイドワイルドZERO 第46話「氷上の端末争奪戦」(あにてれ)より引用

そして交渉場面。
依然として地位を欲しがるシーガルに対し、スピーゲルも苦言を呈します。

地球の存続のため端末を渡すようにシーガルに言うスピーゲル。


ゾイドワイルドZERO 第46話「氷上の端末争奪戦」(あにてれ)より引用

ゾイドワイルドZERO 第46話「氷上の端末争奪戦」(あにてれ)より引用

そこへイレクトラの操るジャミンガが。


ゾイドワイルドZERO 第46話「氷上の端末争奪戦」(あにてれ)より引用

ゾイドワイルドZERO 第46話「氷上の端末争奪戦」(あにてれ)より引用

ゼロファントスも現れます。

初見ではないでしょうが、苦戦している様子。


ゾイドワイルドZERO 第46話「氷上の端末争奪戦」(あにてれ)より引用

ハンターウルフ改での戦闘も踏まえると、

腕は確かなスピーゲルですが、やはり単独でゼロファントスを易々と倒すには難しいようです。



おわりに

いろいろと乗り継いでいった奴もいるが、
俺は結局ドライパンサーに戻ったな。
(中略)
さて、あとは影から地球の未来を見物しようぜ。
なあ、ドライパンサー。

ゾイドワイルドZERO 第46話「氷上の端末争奪戦」(あにてれ)より引用

解説パートの言い回しもカッコイイですね。

ただ、ぜひ見物だけでなくまだまだ活躍してほしいなあとも思います。



その他の記事

アニメ「ゾイドワイルドZERO」に関する解説ページです。 ネタバレも含みますのでご了承ください。 ハンターウルフ...



参考資料

アニメ「ゾイドワイルドZERO」に関する解説ページです。 ネタバレも含みますのでご了承ください。 はじめに ...