クレヨンしんちゃんの映画を初めて観るときの順番

国民的アニメであるクレヨンしんちゃん
今なお続く長い放送期間だけあって、映画作品も多数。

「大人も感動する」という評価も多い「クレしん映画」ですが、
作品数も多いのでどれから観たらいいのか。

今日はクレヨンしんちゃんのおすすめ映画を考えます。


前提として


クレヨンしんちゃんはギャグアニメです。
「普段はおちゃらけたしんちゃんが、映画では(ギャグもあるものの)友情や家族愛のためにがんばってて感動する」というのがクレしん映画の魅力の一つです。

そのため、少しでもクレヨンしんちゃんを見て普段のアニメを知っておいた方がいいでしょう。

具体的には、
・しんちゃんの普段の素行
・しんちゃんの友達
・しんちゃんの家族

しんちゃん言動、友達や家族の普段のキャラや性格を知ることで、映画はより楽しめます。


クレしん映画4選


クレヨンしんちゃんの映画は時系列で話がつながっているわけではありません。
そのためどの順番で観ても内容がわからないということはありません。

しかしながら、先述の通り作品数が多いためどれから観ていいか迷いがち。

今回はクレしん映画を観るならおさえておきたい優先順位が高い作品を上げていきます。








アクション仮面VSハイグレ魔王


「アクション仮面VSハイグレ魔王」は記念すべき映画1作目。

しんちゃんが憧れている特撮ヒーロー「アクション仮面」
アクション仮面と実際に悪者をしんちゃんが一緒にやっつけるという子供なら誰もが胸を熱くするストーリーとなっています。

「大人を感動させる、涙させる」といった内容では正直ありません。
1作目ということであくまで子供向けの映画。

しかし子供向けでありながら話もきれいにまとまっていて大人が観ても充分楽しめる内容。

子供と一緒に観るなら特におすすめです。


嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲


「クレヨンしんちゃんは大人も感動する」ということを世に知らしめた作品がこの「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」

過去を懐かしむあまり、未来を消し去ってしまおうとする大人の組織と、それに抗い未来を取り戻そうとするしんちゃん率いる子供達が奮闘するストーリー。

公開当時、映画館で子供そっちのけで大人が泣いていたということでも話題になりました。

先述の「アクション仮面VSハイグレ魔王」を観た後に、「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」観ると、同じクレヨンしんちゃんでもこんなに作品の振れ幅があるのかということがわかり、そういった点でも楽しめます。


嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦


しんちゃんとその家族が戦国時代にタイムスリップする話。

「大人も感動するクレヨンしんちゃんの映画」として、
「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」と並ぶツートップ。

クレしん映画で感動したいなら、
「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」と「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」のタッグで間違いなしです。



嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ


しんちゃんたちが映画の世界に閉じ込められてしまう話。

「この映画の世界から出るにはどうしたらいいか」という謎を解明する過程で、
様々な伏線が回収されていくのがおもしろい作品でもあります。

また、映画の世界に閉じ込められることでバラバラになったしんちゃんとその友達が、再び手を取り合う過程も感動できます。


まとめ


クレしん映画は大きく分けて
「しんちゃんがメインで活躍する話」
「しんちゃんと家族が活躍する話」
「しんちゃんと友達が活躍する話」
があります。

「アクション仮面VSハイグレ魔王」は「しんちゃんがメインで活躍する話」です。
故に「お父さん・お母さんがいなくても一生懸命頑張る冒険もの」といった感じ。

「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」は前半が「しんちゃんと友達が活躍する話」。
後半が「しんちゃんと家族が活躍する話」。

ただし全体としては友情よりも家族愛の方が見せ場の強い作品です。

「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」は「しんちゃんと家族が活躍する話」。
こちらは家族愛というよりも戦国時代の人々の「恋愛」がクローズアップ。

「嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」は「しんちゃんと友達が活躍する話」。
映画の中でバラバラになったしんちゃん達が「友情」を取り戻す。

以上のように活躍する人やメッセージ性が異なる作品達。
いずれも名作ですよ。






その他の記事

鋼の錬金術師を初めてアニメで観るときの順番

涼宮ハルヒの憂鬱を初めてアニメで観るときの順番