呪術廻戦 禪院真希の名言集と解説(第1~2クール)

アニメ「呪術廻戦」に関するページです。
ネタバレをやや含みますのでご了承ください。




呪術廻戦 第1~2クールの禪院真希

呪術廻戦 第8話「退屈」(GYAO!)より引用

 呪術界の御三家の1つ、禪院家の出身である真希。

 しかし天与呪縛によって並はずれた身体能力と引き換えに、呪霊を見る最低限の呪力や術式を持たない体質になっています。
 これにより禪院家では不遇の扱いを受ける真希ですが、それに負けない芯の強い言動が見られます。

 呪術廻戦の名シーンや名言は、虎杖や伏黒のような葛藤を描くパターンと、釘崎や真希のような逆境でも自分の芯を強く持つメンタルおばけなパターンがあるなぁと思います。



禪院真希の名言集と解説(第1~2クール)

第8話「退屈」

釘崎「なんで呪術師なんか?」

真希「嫌がらせだよ。
見下されてた私が大物術師になってみろ。
家の連中、どんな面すっかな。
楽しみだ」

呪術廻戦 第8話「退屈」(GYAO!)より引用

 不運な生い立ちに負けない真希。
 これをきっかけに釘崎は真希を慕うようになります。


第17話「京都姉妹校交流会-団体戦(3)-」

見えなきゃいねぇのと同じだよ。

呪術廻戦 第17話「京都姉妹校交流会−団体戦(3)−」(GYAO!)より引用

幼い頃の真希と真依。
仲が良かった姉妹に溝ができる展開がなんとも寂しい第17話。


あのままじゃあ、私は私を嫌いになってた。
それだけだよ。
ごめんな。

呪術廻戦 第17話「京都姉妹校交流会−団体戦(3)−」(GYAO!)より引用

 幼い頃は手を取り合っていた真希と真依。
 しかし真希が家を出たことで、真依は裏切られたような気持ちになります。

 これについては真希も察する部分があるようで、真依に謝ります。

 家を出た当時の真希の葛藤が想像できるシーンです。



補足記事

アニメ「呪術廻戦」に関するページです。 ネタバレを含みますのでご了承ください。 禪院真希(ぜんいんまき)とは? ...



参考資料