呪術廻戦 吉野順平の名言集と解説(第1クール)

アニメ「呪術廻戦」に関するページです。
ネタバレを含みますのでご了承ください。




呪術廻戦の吉野順平

呪術廻戦 第12話「いつかの君へ」(GYAO!)より引用

でも、僕が人を殺すことで、
あの魂が汚れてしまうなら、
僕に人は、殺せない。

呪術廻戦 第11話「固陋蠢愚」(GYAO!)より引用

呪術廻戦の第1クールは順平の物語と言えるくらい印象的な登場人物だった順平。

映画鑑賞が好きなためか、語彙も他の登場人物と少し異なるというか文学的な趣があります。



吉野順平の名言集

第9話「幼魚と逆罰」

嫌いな人間が死ぬボタンがあっても、
たぶん押せない。
でも、僕のことを、嫌いな人間が死ぬボタンなら、
迷わず押す。

呪術廻戦 第9話「幼魚と逆罰」(GYAO!)より引用

いじめを受けた経験から、他人には無関心かつ自分に敵意を向ける人物を嫌悪する順平。


第10話「無為転変」

順平「好きの反対は無関心なんてはじめに言った人は、ちゃんと地獄に落ちたでしょうか。
悪意を持って人と関わることが、関わらないより正しいなんて、ありえない。
好きの反対は嫌いです。
日本人って好きですよね。
シンプルな答えを複雑にして、悦に浸る

真人「それ考えたの日本人じゃないよ?」

順平「僕が言ってるのは誤謬のほうです」

真人「ん?」

順平「もともと、どこかの外国の人が言ったのは、愛の反対は無関心、ですよね。
愛ってのはいろなんな定義があるから、対義に、無関心も成り立つと思うんです」

真人「まあね」

順平「でも、愛って普段使わないじゃないですか。
だからそれがこの国ではいつのまにか、好きに変換されて、愛、無関心の対義が成り立つかどうかなんて、誰も考えずに広まったっていうか」

真人「みんな言葉遊びが好きなのさ。
なぜなら人間は、言い訳をしないと生きていけないからね」

呪術廻戦 第10話「無為転変」(GYAO!)より引用

イジメを受けた順平だからこそ考える、好きの反対。


でも僕は、人間の醜悪さを知っています。
だから、他人に何も期待していないし、他人の死に、何も思うところはありませんし、無関心こそ、人間の行きつく美徳です。

呪術廻戦 第10話「無為転変」(GYAO!)より引用

イジメの経験から、他人に愛情を持てなくなった順平。


第11話「固陋蠢愚」

人に心なんてない。
その考えに救われた。
力、与えてもらった。
でも、僕が人を殺すことで、あの魂が汚れてしまうなら、僕に人は、殺せない。

呪術廻戦 第11話「固陋蠢愚」(GYAO!)より引用

虎杖との会話を通して、考えを改める順平ですが、メタ的にはこれがフラグに。



補足記事

アニメ「呪術廻戦」に関するページです。 ネタバレを含みますのでご了承ください。 吉野順平(よしのじゅんぺい)とは? ...
アニメ「呪術廻戦」に関するページです。 ネタバレを含みますのでご了承ください。 呪術廻戦 第1クール ...



参考資料