呪術廻戦 虎杖悠仁の名言集と解説(第2クール)

アニメ「呪術廻戦」に関するページです。
ネタバレをやや含みますのでご了承ください。




呪術廻戦 第2クールの虎杖

呪術廻戦 第24話「共犯」(GYAO!)より引用

いっぱい人を助けて、俺が死ぬとき、大勢に看取ってほしいんすよ
呪術廻戦 第21話「呪術甲子園」(GYAO!)より引用

東堂の指導で格段に実力アップした虎杖。
第2クールではより頼もしいというか主人公をしています。

そういった成長からより頼もしい名言が多い第2クールの虎杖。



虎杖の名言集と解説(第2クール)

第14話「京都姉妹校交流会-団体戦(0)-」

伏黒「何かあったろ?」

虎杖「はあ?なんもねえよ」

伏黒「・・・」

虎杖「あった。
けど、大丈夫なのは本当だよ。
むしろそのおかげで、誰にも負けたくねんだわ」

伏黒「ならいい。
俺も、わりと負けたくない」

呪術廻戦 第14話「京都姉妹校交流会−団体戦(0)−」(GYAO!)より引用

べたべたはしませんが互いの機微に気づく、虎杖・伏黒・釘崎のほどよい距離感の描写がいいなぁと思います。


第19話「黒閃」

1つ聞きたいことがある。
お前の仲間に、つぎはぎ面の人型呪霊はいるか?

呪術廻戦 第19話「黒閃」(GYAO!)より引用

名言というか名シーンですが。

凄みのある虎杖と、この後の虎杖&東堂のスピード感のある戦いは何度も見返したくなる戦闘です。


第21話「呪術甲子園」

加茂「虎杖、お前はなぜ、呪術師をやっている?」

虎杖「きっかけは、成り行きっす。
寂しがりなんでね。
いっぱい人を助けて、俺が死ぬとき、大勢に看取ってほしいんすよ」

呪術廻戦 第21話「呪術甲子園」(GYAO!)より引用

「きっかけは成り行き」と正直に言える虎杖がいいなぁと思います。


第22話「起首雷同」

別になんでも話してくれとは言わねえけどさ。
せめて頼れよ。
友達だろ。

呪術廻戦 第22話「起首雷同」(GYAO!)より引用

ほんとコミュ力の高い陽キャな虎杖。


第24話「共犯」

虎杖「初めてなんじゃねえかと思って。
祓ったんじゃなくて、殺したの」

釘崎「あんたは?」

虎杖「俺は前に1度、いや、あれを1度って言うのはズルか。
3人だ」

釘崎「私よりあんたのほうが大丈夫じゃないでしょ。
私はぶっちゃけなんともない。
術師やってりゃこういうこともあるんでしょ。
伏黒じゃないけどさ、結局助けられる人間なんて限りがあんのよ。
私の人生の席っていうか、そこに座ってない人間に、私の心をどうこうされたくないのよね。
冷たい?
ま、あんたみたいに、自分で椅子持ってきて座ってる奴もいるけどねぇ。
フォローするわけじゃないけど、呪霊か呪詛師か気にしてる余裕なかったじゃん。
人間だとして、あのレベルのを長期間拘束する術はない。
わかってんでしょ?」

虎杖「でも、あいつ泣いたんだよ。
目の前で弟が死んで」

釘崎「そっか」

虎杖「俺は自分が、釘崎が助かって生きてて嬉しい。
ほっとしてる。
それでも、俺が殺した命の中に、涙はあったんだなって。
それだけ」

釘崎「そっか。じゃあ、共犯ね。私達」

呪術廻戦 第24話「共犯」(GYAO!)より引用

壊相・血塗との戦闘後の会話。

壊相の涙は見ていて本当に切なく、非常にしんみりとしたシーンです。



補足記事

アニメ「呪術廻戦」に関するページです。 ネタバレを含みますのでご了承ください。 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)とは? ...
アニメ「呪術廻戦」に関するページです。 ネタバレを含みますのでご了承ください。 第1クールの虎杖の活躍 ...



参考資料