伏黒の領域展開 呪術廻戦 画像付き解説|嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)

アニメ「呪術廻戦」に関するページです。
ネタバレをやや含みますのでご了承ください。




伏黒の領域展開

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

領域展開、嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

伏黒の領域展開は、自身の術式である影の力を液状化、全面に展開する「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」です。

これにより式神を複数出しながら自分自身も影の力を纏うことができます。

第23話にてはじめて生得領域を具現化した伏黒ですが、まだ不完全であり厳密には伏黒はまだ領域展開を会得してはいません。



嵌合暗翳庭の解説

領域展開とは?

影の奥行きを全て吐き出す。
具体的なアウトラインは後回し。
呪力を練ったそばから押し出していき、
イメージしろ、自由に、限界を超えた未来の自分を。
やってやるよ!

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

領域展開とは、呪術の極致とされる最強の呪術です。

領域展開は呪力により自分の心の中の空間を具現化します。

呪術において心の中は「生得領域(しょうとくりょういき)」と呼ばれ、生得領域は一度具現化しても呪力で維持しなければ消えてしまいます。

そのため領域展開は非常に大量の呪力を消費します。

しかしながら領域展開を行うことで自分に有利な戦闘環境を生み出すことができます。


嵌合暗翳庭の性質

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

不完全、ブサイクもいいとこだ。
だが今はこれでいい。
もっと自由に、広げろ!
術式の、解釈を!!

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

通常は式神を呼び出したり、呪具の出し入れが可能な伏黒の影。

この影の奥行きを前面展開するイメージが伏黒の領域展開を可能にします。

液状化して空間に充満した影は、無数の式神を生み出します。

また分身を作り出すなど自身に影の力を纏うこともできます。

しかし伏黒の領域展開はまだ不完全であり、領域展開特有の技の必中や力の向上、相手の術式の中和などの効果も不完全なものとなっています。



補足記事

アニメ「呪術廻戦」に関するページです。 ネタバレを含みますのでご了承ください。 伏黒恵(ふしぐろめぐみ)とは? ...



参考資料