壊相とは? 呪術廻戦 解説|呪胎九相図の次男

アニメ「呪術廻戦」に関するページです。
ネタバレを含みますのでご了承ください。




壊相(えそう)とは?

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

壊相(えそう)とは、「呪胎九相図」の2番に該当する特級呪物です。

真人が高専から奪い、人間に受肉させたことで復活するに至ります。



壊相の解説

呪胎九相図とは?

呪術廻戦 第22話「起首雷同」(GYAO!)より引用

呪胎九相図とは、呪霊の子を孕む特異体質の女性が懐妊と堕胎を9回繰り返すことで生まれた特級呪物です。

もともと「九相図」とは仏教絵画であり、屋外の死体が朽ちていく経過を9段階の絵に表したものを指します。

呪術廻戦における呪胎九相図とは、この九相図が元ネタとなっています。

壊相を含む呪胎九相図の1〜3番は、交流会の花御乱入に乗じて真人が高専から奪取します。


呪胎九相図における壊相

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

血塗と同様、壊相も真人が一般人に受肉させるかたちで復活します。

仏教絵画の九相図において壊相は2番目、死体の腐乱が進み皮膚が破れ壊れはじめる段階を指します。

それゆえか、3番目のさらに腐乱が進んだ血塗と比べるとずいぶんと人間の形を保っています。

しかし背中には禍々しい顔、そこから排出される血があり本人のコンプレックスとなっています。

また、間違って結界から引っ張り出した釘崎を逃がそうとするなど紳士的な言動が見られる一方で、背中を見られると激情する起伏の激しさがあります。


壊相の能力

呪術廻戦 第23話「起首雷同—弐—」(GYAO!)より引用

呪胎九相図は復活した際、自分の血液を使った能力を持ちます。

壊相の能力は「蝕爛腐術(しょくらんふじゅつ)」であり、自身の血液を毒液のようにして攻撃します。



補足記事

アニメ「呪術廻戦」に関するページです。 ネタバレを含みますのでご了承ください。 呪胎九相図(じゅたいくそうず)とは?...



参考資料