インスタンスアブリアクションとは?|SSSS.GRIDMAN



インスタンスアブリアクションとは?

「SSSS.GRIDMAN 第2話」(Abema TV)より引用

 インスタンスアブリアクションとは、SSSS.GRIDMANにおいてアカネが作った怪獣を実体化するための呪文のようなセリフです。

 作中にてアレクシス・ケリヴが唱えます。



解説

インスタンスアブリアクションの意味

「SSSS.GRIDMAN 第2話」(Abema TV)より引用

「SSSS.GRIDMAN 第1話」(Abema TV)より引用

 作中で明言はされないものの、「インスタンスアブリアクション」のつづりは「Instance Abreaction」であると考えられます。

 「Instance」は実態や事実という意味です。

 「Abreaction」は心理学用語の解除反応を指します。
 解除反応とは普段抑圧されているストレスが何らかのきっかけで外に出てくることです。

 これらから「インスタンスアブリアクション」は、「アカネの抑圧されたストレスを怪獣というかたちで発散する」という主旨の言葉であると考えられます。


アカネのストレス

「SSSS.GRIDMAN 第2話」(Abema TV)より引用

 基本的にはストレス耐性が低いアカネですが、それに輪をかけるような言動が目立つアレクシス。

 完全にアレクシスはアカネを利用しており、このあたりの関係性は原作の電光超人グリッドマンと通ずるものがあります。


「SSSS.GRIDMAN 第10話」(Abema TV)より引用

「SSSS.GRIDMAN 第10話」(Abema TV)より引用

 グリッドマンに敗れる中でアカネのストレスはさらに蓄積されていきます。
 一方でアレクシスは怪獣を作るようそそのかすばかりで、物語において怪獣を作る行為が結局はアカネを追い詰めていくことになります。



補足記事

アニメ「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」についてのページです。 適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。 ...